【SEO対策】検索順位を調べる方法と調べられる便利なツールとは?

SEO
デジマケの教科書編集部

デジマケの教科書 編集部

検索順位を調べる方法と調べられるツールとは?
デジマケの教科書 編集部

自社サイトの検索順位を正確に把握することは、オンラインビジネスやWebマーケティング戦略において重要です。自社サイトが特定のキーワードで「どの位置に表示されているか」を把握することで、SEO対策の成果を測ることができます。

本記事では、検索順位を調べる方法や便利なツールを紹介します。自社サイトの検索順位を把握し、効果的なSEO対策を行いましょう。

Web集客でお困りではありませんか?

デジマケは高い実績を持ったコンサルタントたちがお客様のHP・事業に合わせ、売上の最大化に貢献できる施策をご提案します。

デジマケのサービス概要をみる

どんなときに検索順位を調べるべきか

まずは、どんなときに検索順位を調べるべきなのかを知り、適切なタイミングで調べることが重要です。

そのため、ここでは、検索順位を調べるタイミングについて解説していきます。

定期的にチェックする

まずは定期的にチェックすることをおすすめします。定期的にチェックすると、自社のコンテンツが現在どの順位にいるかなどの現状を把握できます。現状を把握すると、コンテンツ質が悪いのか、キーワードの選定方法が悪いのかなどの課題も分かります。

そのため、改善策となる施策を考えやすいです。SEO対策では、この現状の分析と改善を繰り返すことが重要です。

リライトをした際にチェックする

また、記事のリライトをする目的を明確に理解していますか?記事のリライトをおこなう目的は検索順位を上げることが主な目的になります。そのため、リライト前と後の検索順位の推移をチェックして効果があったのかどうかの効果測定をおこなう必要があります。

効果測定をせずに施策を実行しても成果が上手く出なかったり、納得のいく成果に繋がりづらいです。効果測定をしっかりとおこなっていき、なぜ上手くいったのか、上手くいかなかったのかなどを分析していくことが重要です。

アクセス数が下がった際にチェックする

自社のコンテンツのアクセス数が下がっている場合には、主に検索順位が下がったことによるアクセス数の低下が考えられます。そのため、どうして検索順位が下がってしまったのかを分析して、問題を見つけて改善していくことが大切です。

この問題を見つけて改善する際に、重要な指標になるのが検索順位であるため、日頃からチェックしておくことが大切です。毎日チェックしておけばどの記事の検索順位が下がってアクセス数も下がったすぐに分かります。

しかし、毎日チェックするのは大変です。そのため、アクセス数が下がった際に過去の検索順位の推移も調べて、いつ頃からアクセス数が下がったのかを調べるのも良いでしょう。

また、検索順位を上げる施策を「【SEO対策】検索順位を調べる方法と調べられる便利なツールとは? 」で解説していますので、挑戦してみてください。

合わせて読みたい
Googleの検索順位を上げる8の方法!SEOの仕組みと注意すべきこと
Googleの検索順位を上げる8の方法!SEOの仕組みと注意すべきこと

検索順位を調べるおすすめの方法を紹介

検索順位を調べるおすすめの方法を紹介

検索順位を調べるタイミングや必要性は理解したものの、どんな方法で検索順位を調べれば良いのか分からない方も多いと思います。

そのため、以下では、検索順位を調べるおすすめの方法を4つ紹介していきます。

Googleで検索する

検索順位を調べたいときには、Googleで自分の狙っているキーワードを直接入力して自社のコンテンツの順位を調べることが簡単です。Googleの検索で順位を調べることはツールを介して検索順位を調べる訳ではないため、正確に検索順位を把握できます。

しかし、記事数が50記事を超えてくると1つ1つを検索して調べることが難しくなってきます。そのため、サイト運営を始めたばかりの方やまだ記事数の少ない状態のサイトで、手軽に順位を確認したい場合はこの方法を試してみてください。

記事数が多くなり、調べるのが難しくなってきたら、以下で説明するツールを利用しても良いでしょう。

Google Search Consoleを利用する

Google Search ConsoleはGoogleが公式に提供しているツールです。そのため、サイト運営に必要な機能は基本的に網羅しています。その中の機能の1つで検索順位を調べられます。

Google Search Consoleの大きな特徴が「流入キーワード」が分かることです。流入キーワードとは実際にサイトに流入したキーワードのことです。ほかのツールでは自分の狙っているキーワードの検索順位を調べる機能しかないことが多いため、流入キーワードも知りたければGoogle Search Consoleを使いましょう。

しかし、自分のサイトの順位しか調べることができなかったり、ユーザーが実際に検索したキーワードしか調べられないなどのデメリットもあります。

SEOチェキを利用する

SEOチェキは登録不要の無料の検索順位チェックツールです。機能や使い方もシンプルで初心者でも簡単に利用できます。また、3つまでのキーワードを同時に調べることができます。

しかし、PCでの検索順位しか分からないため、スマホユーザーの検索には対応していません。そのため、スマホユーザーが増えた現在ではSEOチェキで正確な検索順位を出せているとは言えません。あくまでも参考程度にという認識を持っておいてください。

また、URLを1つ1つ入力する必要があるのが手間だと感じる方もいます。一度使用してみて、使い勝手が悪いと感じたら、ほかのツールの利用を検討しましょう。

検索順位チェッカーを利用する

検索順位チェッカーもSEOチェキと同様に、登録不要の無料検索順位チェックツールです。シンプルなチェックツールですが、検索条件を保存できるため再検索を容易におこなえます。また、調査結果をCSVファイルに抽出できるため、検索順位の推移を分析をする際にも便利です。

しかし、このツールも1つ1つURLを入力する必要があるため、まとめて調べたい方は別のツールを利用した方が良いです。

サイト運営者がよく使っている有料のチェックツール

上記では主に無料で利用できる検索順位チェックツールを紹介してきました。しかし、無料のツールでは、URLを毎回入力する必要があったりなどのデメリットや使いにくさもあります。

そこで、以下ではサイト運営者がよく使っている有料のチェックツールを紹介していきます。自社のコンテンツによる収益化ができて、さらにアクセス数を増やしていきたいと考えている方におすすめのツールです。

シンプルだが便利なGRC

Webで検索するユーザーのほとんどはGoogleによる検索を利用している場合が多いですが、Yahoo!やBingを利用しているユーザーもいます。そのため、Yahoo!やBingの検索順位もサイト運営では重要になります。

GRCはGoogleやYahoo!、Bingの検索順位を調べることができ、シンプルな作りで使い方も簡単です。また、複数のサイトを登録することができ、自動で検索順位を調べる機能もあります。

ベーシック版では月額450円の費用がかかりますが、便利なツールであるため、利用者も多くおすすめのツールです。

上級者向けのRankTraker

年間で約15,000円かかりますが、RankTrakerはサイト運営者に好まれているツールの1つです。

競合サイトの検索順位を調べたり、検索順位を調べる測定時間を変更したりなどの機能に加えて、自動で検索順位を調べる機能もあります。そのため、サイト運営に必要な機能はほとんど網羅されていると言えるでしょう。

しかし、費用が割高であるため、初心者にはあまりおすすめのできないツールです。サイト運営にも慣れ、新たにステップアップしていく際に利用を検討すると良いでしょう。

検索順位を上げるには良質なコンテンツを作成することが重要

SEO対策で大切なのは「良質なコンテンツを作成すること」と一度は聞いたことがあるかもしれませんが、重要なのは分析と改善を繰り返しながら良質なコンテンツを作っていくことです。

そのため、検索順位を上げるには上記で説明したツールを活用しながら、現状の検索順位を知り、その順位を改善するために何をすべきかを分析する必要があります。そうやって、何度も分析と改善を繰り返したコンテンツが良質なコンテンツとして検索順位が上がっていきます。

まとめ

この記事では、検索順位を調べる方法や調べる際に便利なツールも紹介してきました。検索順位を調べる際には無料のツールでも全く問題ありません。しかし、有料のツールでしかできないこともあるため、自分の目的にあわせて利用を検討すると良いでしょう。

サイト運営を始めたばかりの場合には、無料のツールを使うことから始めることをおすすめします。

集客にお悩みの方へ

デジマケは100社を超える企業様の課題を改善に導いてきたコンサルタントが、事業の課題や目標に合わせた施策をご提案いたします。

SEOや広告、SNSなどの1つの分野ではなく、マーケティングの全体像を理解したコンサルタントがあなたと二人三脚で、売上の最大化を目指します。

この記事の執筆者
デジマケの教科書
デジマケの教科書
編集部
デジマケの教科書は、デジタルマーケティング領域のトピックスを「楽しく、分かりやすく」発信しているメディアです。このメディアをきっかけに、少しでも多くの方が興味を持ち、具体的なアクションを実施できるように執筆しています。
記事URLをコピーしました