【重要】SEO相談の前に!知っておくべきポイントまとめ

3 min
【重要】SEO相談の前に!知っておくべきポイントまとめ

SEOをやらなきゃいけないけど、何をすれば良いのか分からない。とりあえずSEOに関してどこかに相談したい。そう考えている方は多いですよね?

ご存じの通り、SEOは一口にこれをやれば良いというものが決まっているわけではなく、各サイトごとにやるべきことが異なります。

本記事では、SEOの相談をする前に確認しておくべきポイントとどのような相談ができるのかという2点をまとめています。

企業のご担当者様は、SEO相談をする前にぜひ一度チェックしてみてください。

そもそもSEOとは?

まず初めに、SEOとは何かを解説していきます。

SEOとは「Search Engine Optimization」のことで検索エンジン最適化のことを言います。

もう少しかみ砕いて言えば、Googleなどでの検索結果にページを表示させ、かつ表示順を上げていくことでウェブから自社へのアクセスを増やしていくという目的があります。

ご存じの通り今やウェブの影響力はとても大きく、生活の様々な場面でウェブは有効活用されています。

そのためユーザーとの接点の一つとしてウェブは有効的であり、ウェブでページを最適化するSEOは、ユーザーに自社や商品の認知向上、購入促進を期待することができます。

SEOではどのようなことをするの?

SEOと一口に言ってもやるべきことは多くあります。種類を大きく分けると以下3つに分類できます。

・内部SEO
・外部SEO
・コンテンツSEO

内部SEOに関してはサイトの良し悪しを判断するGoogleクローラー(ロボット)に向けて最適化をする施策です。具体的にはサイト内部の構造・設計を適切に整理して、クローラーが巡回・判断をしやすいように設計します。

外部SEOに関しては外部サイトからの質の高いリンクを受けるための施策のことを指します。良質なリンクはリンク元から参考・支持されていると判断され、評価向上につながります。

コンテンツSEOに関しては良質なコンテンツ(記事)を制作して、各コンテンツページからのアクセスを増やすことでサイト全体の強化を図る施策を指します。ユーザーのあらゆるニーズに応えるページを作ることで、ユーザーとの接触機会が増えます。

主に上記3つを対策していくことがSEOとなりますが、細かい施策を含めれば、これ以外にもSNS運用などやるべきことはたくさんあります。

SEOの相談をする前に、まずはSEOが上記のような施策で成り立っていることを理解することが重要です。

SEOの相談をする前に確認すべきポイント

続いてSEOの相談をする前に確認しておくべきポイントに関してご紹介します。

それは「自社で何ができて、どういう方針でやっていくべきなのか」の確認をすることです。

基本的には上で挙げたもの全てを対策していくのがベストですが、自社でできること、SEOを取り扱う会社に相談すべきことなど、まずは簡単に自社サイトを分類づけてみましょう。

以下は簡単な分類チェック項目です。

  • サイトのソースコード修正や設定が自社でもできそうか(内部対策)
  • コンテンツ(記事)制作の人的・時間的なリソースがあるか(コンテンツ対策)
  • 外部リンクの選定・交渉を自社でできるか(外部対策)
  • SNS運用を自社でできるか(SNS運用)

全て自社で出来そうであれば、外部にSEO相談をする必要はありませんが、自社では難しい項目があれば、SEO対策を任せられる会社に委託すると良いでしょう。

方針に関しても自社内でこだわりがなければ、併せてSEO会社に相談しつつ決めていくのがベストです。

SEOを取り扱う会社で相談できる内容

基本的に上記項目は全て依頼可能な内容ですが、SEOを取り扱う会社と一括りに言っても様々な会社があるので、まずはそこを理解しましょう。

▼SEOを取り扱う会社▼

  • 広告代理店
  • SEO専門会社
  • 制作会社
  • ライティング会社
  • その他

広告代理店やSEO専門会社ではSEO対策に関して外部施策、内部施策、コンテンツ施策など幅広く対応できる会社が多いですが、制作会社やライティング会社の場合、内部対策やコンテンツ制作のみ取り扱っているという場合もあります。

自社に足りない部分に沿って各社に相談するのが良いですが、広告代理店やSEO専門会社では、SEOコンサルティングという形でSEOを丸ごと請け負うこともできます。

各社での契約内容

SEOの契約は大きく分けると下記3つに分類できます。

・単発契約
・成功報酬型契約
・月額固定型契約

それぞれを簡単にまとめます。

【単発契約】基本的には単発払いきりでの契約。SEO内部対策の契約に多い。内部対策の場合は指示書を納品して、対策は指示書を見ながら自社で行います。ほかにも、サイト修正をおこなうこともあります。

【成功報酬型】SEOの検索順位が特定の位置まで到達した時点で支払う契約。目標順位によって料金が異なり、高いほど高額になります。対策は依頼会社が行います。

【月額報酬型】もっとも一般的な形で、毎月固定費を支払う契約。SEOコンサルティングやコンテンツSEO、外部リンクなどがこれに当たります。 毎月固定費を支払い、コンサルティングやコンテンツ納品、リンク継続を依頼会社が行います。

単発を除いて契約期間は1~12ヶ月が一般的であり、特に3ヶ月、6ヶ月などの3ヶ月区切りで契約を行う事が多いです。

SEO自体すぐに結果が出るものではないので、短期での契約はあまりおすすめできません。結果が出る前に終わってしまうからです。

サイトにもよりますが、しっかりとSEOに着手してから効果を実感できるようになるまでに少なくとも3ヶ月はかかります。本気でSEOを取り組んで行こうと考えている場合は、SEO会社に相談しつつ、1年単位での長期の契約を視野に入れると良いでしょう。

まとめ

以上がSEOを相談する前に知っておくべきことのまとめになります。

今では各企業、SEOを取り組むのは当たり前と言えるほどになっています。ビジネスにおいてウェブの影響力は非常に大きいので、しっかりとSEOに力を入れて行くことが重要です。

競合する企業もウェブに力を入れているはずなので、まずはSEO会社と連携して強化しつつ、自社でもSEOに取り組めるナレッジやリソースが溜まった時には内製化してやってみるのがおすすめです。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事