逆SEOとは?風評被害の対策、検索順位を下げるやり方と抑制方法を解説

SEO
デジマケの教科書編集部

デジマケの教科書 編集部

逆SEOとは?効果的な対策で風評被害・誹謗中傷の抑制方法を解説
デジマケの教科書 編集部

ネット上の情報は瞬時に広がり、時には誤解や悪意によって風評被害が生じることもあります。そのような状況下で重要なのが逆SEOの考え方です。

逆SEOとは、ネガティブな情報や悪評を抑制し、意図的に検索エンジン上での検索順位を下げることで、風評被害を最小限に抑える手法になります。

本記事では、逆SEOの概要、効果的なやり方と逆SEOの被害を受けた際にできる3つの対処法を解説します。

オンライン上での評判や信頼性を守るために、逆SEOの理解と知識を深めましょう。

Web集客でお困りではありませんか?

デジマケは高い実績を持ったコンサルタントたちがお客様のHP・事業に合わせ、売上の最大化に貢献できる施策をご提案します。

デジマケのサービス概要をみる

逆SEOとは?

逆SEOとは、ライバルとなる他社サイトが維持する現状の検索順位を下げるために行う施策のこと。一般的に、自社コンテンツの検索順位を高めるために検索エンジンを最適化することがSEOですが、言葉通りその反対の意味を指します。

逆SEOは、別称として「ネガティブSEO」や「リバースSEO」とも呼ばれます。

逆SEOを実施する目的

では、一体なぜ逆SEOを実施するのでしょうか?

活用される大きな目的は、「風評被害」や「誹謗中傷」によるブランドイメージの崩落や顧客離れを抑制することです。

例えば、サービス名で検索すると「サービス名+最悪」「サービス名+やめとけ」といったキーワードが目につくと、そのサービスに対して自然とマイナスな印象を抱くでしょう。

もちろん、コンテンツ自体に欠点があるなら早急に改善すべきです。しかし、全くの誤情報なら、想定外の損害を被る可能性が生まれかねません。

そこで被害を加えるサイトの順位を下げるために逆SEOを実施するわけです。

また、競合となる他社サイトが強い場合に自社サイトの順位を上げる目的で利用されることもあります。

逆SEOを実施するリスク

他社サイトを蹴落とすためだからと言って、見境なく逆SEOの施策を打つのはおすすめできません。

例えば、他社サイトをハッキングしたり、ブラックハットSEOと呼ばれる施策を講じたりとハイリスクであることが明白な行為は、法律違反となって裁判沙汰になる可能性があります。そうなると多大なコストが発生してしまいます。

また後述しますが、逆SEOの中にはスパム行為と見なされる手法もいくつかあり、それらを実施するとGoogleからペナルティを受けます。

ですから、必ず真っ当な手法から自社にとって最適な方法を選択して実施するようにしましょう。

風評被害に効果的な逆SEOの手法3選

風評被害に効果的な逆SEOの手法3選

続いて、具体的に逆SEOの施策にはどのようなものがあるのか、風評被害に有効な3つの手法を紹介していきます。

  1. 高評価を勝ち取る自社サイトを複数作成する
  2. サイトの上位表示を維持する
  3. 外部リンクを過度に使用しない

①高評価を勝ち取る自社サイトを複数作成する

最も効果的な逆SEOの手法は、高評価を得られるサイトを複数作成して、ネガティブサイトの順位を相対的に下げることです。

求人サイトや商品プロモーションサイトなど、利用者にとって有益なコンテンツを作成すればマイナスなサイトの露出度を減少させることが狙えます。

ただし、自社サイトとは別に作成したサイトで上位表示を狙うわけですから、そう簡単ではありません。Googleが定めるガイドラインに従いつつ、ドメインパワーの向上やコンテンツの拡充などの内部施策を長期的に徹底して行う必要があります。

②サイトの上位表示を維持する

そして、上位表示させたサイトの掲載順位をキープします。一時的に上位表示されたからといって安心すると、すぐに順位は入れ替わってしまいます。

Googleは検索順位の確定に200以上ものアルゴリズムを用いており、一定のスパンでアップデートされていくため、現状維持させるのも一苦労…。

サイトを上位表示させる主な手法はこちらの3つです。

  1. 順位チェックツールのチェックと改善策の実行
  2. 競合サイトの分析
  3. 社員ブログやLP、SNSアカウントといった自社サイト以外のページ作成

上記の手法を用いて上位表示の維持に努めましょう。

③外部リンクを過度に使用しない

逆SEOを実施するにあたり、外部サイトからの被リンク獲得で自社サイトの検索順位アップを狙うこともできます。しかし、被リンク獲得の施策を過度に行っても必ずしも良い結果は得られません。

例えば、被リンクの購入や作成したサイトを利用した量産といったグレーな手法を用いるとGoogleが求めるユーザーに寄り添ったコンテンツ作成とは乖離したものとなります。

このような施策を講じてしまうと、自社サイトの検索順位を下げてしまい余計なイメージダウンに繋がりかねません。

もちろん、自然な被リンク獲得は必要不可欠ですが、検索キーワードごとの検索意図を捉えて、適切なコンテンツを作成していくことが大切です。

逆SEOとして実施できないスパム行為2選

一方で、逆SEOの中にはスパム行為として認定され実施できない施策もあります。スパム行為と見なされる施策は主に2つです。

  1. コピーコンテンツ(サイト)の大量生産
  2. 低評価サイトからの被リンクを設置

たとえ、風評被害(誹謗中傷)サイトに対する施策であっても、スパム行為は絶対にしてはいけないので注意しましょう。

①コピーコンテンツ(サイト)の大量生産

まずは、風評被害(誹謗中傷)サイトのコンテンツと類似したページを大量生産する方法があります。これにより、Googleの検索エンジンにWebサイトの内容がコピーコンテンツであると認識してもらい掲載順位を下げさせます。

②低評価サイトからの被リンクを設置

次に低評価サイトからの被リンクを大量に設置する方法です。上記で作成したコピーサイトから外部リンクを設置することで、Googleに不正な被リンク獲得であると認識させます。

そもそも外部施策のひとつである被リンク獲得は、良質なコンテンツであるために「とても有意義なサイトだ」「これはみんなにも知ってもらいたい」と被リンク掲載によって拡散され、Googleが評価をするといった仕組みになっています。

つまり、これを逆手にとった方法を実施すればGoogleの評価は下がるだろうといった意図があります。低評価サイトとは具体的に、E-A-T(専門性・権威性・信頼性)のレベルが低かったり、文章がワードサラダで構成されていたりするコンテンツのことです。

逆SEOの被害を受けた際にできる3つの対処法

最後に、自社サイトが逆SEOの被害を受けた際にできる対処法を3つ紹介していきます。

  1. 被リンク元のネガティブサイトをチェックする
  2. 質の高いコンテンツ作成を徹底する
  3. ドメインパワーを向上させる

逆SEOを受けたら慌てることなく、冷静にこれらの対処法を実践していきましょう。

①被リンク元のネガティブサイトをチェックする

自社サイトの掲載順位が突如著しく低下した場合、外部サイトからの逆SEOを受けているケースが考えられます。

この場合はまず、Googleサーチコンソールを活用して被リンク元のサイトをチェックしてみましょう。被リンク元のサイトは、左側のメニュー欄を開いてから下記の手順でチェックできます。

  1. 検索トラフィック
  2. サイトへのリンク
  3. 詳細
  4. 最新のリンクをダウンロード

仮に質の低いコンテンツからの被リンクであったなら、ペナルティを受けている可能性が高いです。Googleサーチコンソールでは、ペナルティの有無も一緒に確認できるので合わせてチェックしてください。

ペナルティを受けていた場合は、Googleサーチコンソールから受けている被リンクを個別に否認申請が可能です。否認申請を行うことでGoogleから正当な評価を受けられます。

ただし、否認申請が正確に行われないと結果の反映まで1ヶ月以上の時間がかかってしまうので丁寧に行いましょう。

②質の高いコンテンツ作成を徹底する

日頃から質の高いコンテンツ作成を徹底することで、逆SEOのリスクを軽減させることも可能です。

「現在掲載している記事コンテンツやLPの質は優れているか?」「ユーザーにとってどれほど有益な情報・内容となっているか?」この視点を持ちながらコンテンツと向き合っていきましょう。

自社コンテンツの質次第では、良質な被リンクの獲得によって評価を高められますから、悪質な被リンクにも対抗できるような基盤作りが非常に重要です。

③ドメインパワーを向上させる

上記の内容と繋がりますが、良質なコンテンツを作成または既存記事をリライトするとドメインパワーが次第に上昇していきます。

このドメインパワーを向上させることが正当な逆SEOにも対処する策のひとつです。ドメインパワーは、Googleが検索順位を決定する評価基準にも挙げられるので、逆SEOの影響を受けないためにも向上させましょう。

逆SEOに関してよくある質問

Q
逆SEOの手法を教えてください。

風評被害に効果的な逆SEOの手法3選

  1. 高評価を勝ち取る自社サイトを複数作成する
  2. サイトの上位表示を維持する
  3. 外部リンクを過度に使用しない

コピーコンテンツ(サイト)の大量生産や低評価サイトからの被リンク設置は、スパム行為として実施できないため注意しましょう。

Q
逆SEO対策は自分でもできますか?

自分でも実施可能ですが、知識やノウハウが必要です

そこで、おすすめな選択肢として、SEOコンサルティングのプロに依頼をすることが先決です。 弊社でも対応可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Q
もし逆SEOの被害を受けてしまったときはどうすれば良いですか?

逆SEOの被害を受けてしまった場合は、大きく3つの対処法があります。

  1. 被リンク元のネガティブサイトをチェックする
  2. 質の高いコンテンツ作成を徹底する
  3. ドメインパワーを向上させる

自社コンテンツの強化は、逆SEOの被害に関わらず、常に意識してみてください。

もし逆SEOの被害を受けてしまったときはどうすれば良いですか?

逆SEOの被害を受けてしまった場合は、大きく3つの対処法があります。

  1. 被リンク元のネガティブサイトをチェックする
  2. 質の高いコンテンツ作成を徹底する
  3. ドメインパワーを向上させる

自社コンテンツの強化は、逆SEOの被害に関わらず、常に意識してみてください。

逆SEOに見舞われたらGoogleのガイドラインに沿った対策を取ろう

もし、自社サイトが悪質な風評被害または誹謗中傷を受けていても、きちんと対策が可能です。「打てる手がない…」と何もしなければ、イメージダウンが加速しかねません。

とはいえ、基本的に逆SEOを受けたときは非常事態であり、できるだけ早急に対処したいがために焦りも生まれるはずです。

そこで、おすすめな選択肢がSEOコンサルティングのプロに依頼をすること。株式会社デジマケでは、お客様の悩みに的確なサポートを行い解決に導きます!

普段からGoogleのガイドラインに準拠した有益なコンテンツ作成を徹底しつつ、サイト運営でお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

SEOコンサルティングの詳細をみる

集客にお悩みの方へ

デジマケは100社を超える企業様の課題を改善に導いてきたコンサルタントが、事業の課題や目標に合わせた施策をご提案いたします。

SEOや広告、SNSなどの1つの分野ではなく、マーケティングの全体像を理解したコンサルタントがあなたと二人三脚で、売上の最大化を目指します。

この記事の執筆者
デジマケの教科書
デジマケの教科書
編集部
デジマケの教科書は、デジタルマーケティング領域のトピックスを「楽しく、分かりやすく」発信しているメディアです。このメディアをきっかけに、少しでも多くの方が興味を持ち、具体的なアクションを実施できるように執筆しています。
記事URLをコピーしました