ドメインパワーの目安は?簡単に調べる方法とパワーを上げる5つの方法をご紹介

5 min
ドメインパワーの目安は?簡単に調べる方法とパワーを上げる5つの方法をご紹介

WEBマーケティングに取り組み始めた方の中には、ドメインパワーの重要性を知った方もいるのではないでしょうか。

しかし「ドメインパワーはどれだけあれば良いの?」「確認の仕方が分からない」等のお悩みを耳にすることも多く、難しく考えてしまう方も意外と多いです。

そこで本記事では、ドメインパワーを簡単に調べる方法と数値の目安、更にドメインパワーを上げる方法について紹介していきます。

ドメインパワーについてお困りの方は、本記事を読めば自社サイトのパワー確認も改善方法も簡単に分かるのでぜひご参照ください。

ドメインパワーとは何か

ドメインパワーとは、検索エンジンがドメインに対して付けている評価指標のことです。

Googleが掲げるユーザーファーストの理念に沿って、検索エンジンは様々な評価基準に基づいて各ページに順位付けをしています。ドメインパワーはその評価に基づいたサイトが持っている力です。

サイトの更新や変動に合わせて、評価は日々変わっていきます。

ドメインパワーが強いと…

ドメインパワーが強いと以下2点のメリットがあります。

1.ページのインデックスが早い
2.検索上位に上がりやすい

まず、ドメインパワーが強いことでページのインデックスが早まります。インデックスというのは新規作成した記事などのコンテンツが、検索エンジンのデータベースに登録されることを言い、データベースに登録されることで、検索結果に表示されるようになるため、早くユーザーの目に触れる機会が生まれます。

次にドメインパワーが強いことで検索上位に上がりやすくなります。ドメインパワーが強い=Googleから評価されているという事なので、当然検索順位にも好影響を及ぼします。

以上2点がドメインパワーが強いことによるメリットとなります。

ドメインパワーを調べる方法【有料・無料】

続いてドメインパワーを調べる方法を紹介していきます。

ドメインパワーを調べるにはドメインチェックツールを使用します。ドメインチェックツールは無料と有料の物があり、以下にそれぞれ紹介いたします。

無料のドメインチェックツール

①MOZ(Link Explorer)

こちらは海外製のSEOツールとして有名であり、ドメインパワーはもちろん自社・競合サイトの被リンク状況を調べることもできます。

MOZはドメインを調べる以外にもSEOに役立つツールを沢山提供してるので、SEOを行う上では登録しておくと便利です。

②パワーランクチェックツール

こちらは国産のドメインチェックツールで、シンプルな作りなので使いやすさは抜群です。

基本的にはドメインパワーを調べるのみですが、キーワードごとのパワーランク相場やパワーの高い競合を抽出することができるので、競合との比較や記事作りの参考にもできます。

無料のため回数制限(1日1回まで)があります。

有料のドメインチェックツール

①Ahrefs

有料のドメインチェックツールで最も有名なツールの1つがAhrefsです。

有料な分ドメインパワーを調べる以外にも様々な調査ができます。例えば、被リンク数やトラフィック数の抽出はもちろん、競合が獲得しているキーワードとボリューム、その順位なども調べることができます。

SEOツールとして非常に優秀なので、サイト運営には必須とも言えます。

②Majestic

こちらもAhrefs同様に有名なSEOツールです。

主に被リンク分析に役立つツールで、他社ツールよりも細かく被リンクの内容を分析することができます。

もちろんドメインパワーを算出することも可能で、Majesticでは独自の指標を用いて算出する「トラストフロー」と「サイテーションフロー」の二つがドメインパワーと類似の評価になります。

ドメインパワーの目安を確認する

続いてドメインパワーの目安を紹介していきます。各ツールで算出方法が異なるので、今回はMOZを例に目安を紹介します。

【MOZから見るドメインパワー目安】
10以下:ドメインパワー弱い
10~30:企業サイトだと普通、個人ブログの場合はそこそこ強い
30~50:企業サイトだと強い、個人ブログの場合はかなり強い
50~:トップクラス(企業・個人共に)

その他のツールでドメインパワーの目安を知りたい場合は、競合他社のドメインパワーを調べて比較すると良いでしょう。競合の数値と自分の数値を比較することで、Googleからの評価の違いや立ち位置が分かります。

ドメインパワーを上げる5つの方法

続いてはドメインパワーを上げる方法を5つ紹介します。

その1.良質な被リンクをもらう

まずは良質な被リンクを貰うことが重要です。

被リンクが多いサイトは多数から支持されているという評価を受けるため、Googleからの評価も上がりやすくなります。

その中でも、既にドメインパワーの高いサイト(良質なサイト)からの被リンクは、自社サイトのドメインパワーをより上げやすくなりますので、良質なサイトから被リンクを貰えるようなサイト作りを心がけましょう。

その2.高品質記事を作る

2つ目は高品質な記事を作ることです。

高品質な記事を作ることでドメインパワーはもちろん、被リンク獲得の近道にもなります。

高品質な記事とは専門性や信頼性が高く、ユーザーの求める情報が漏れなく網羅されているような記事を指します。ユーザーファーストを根底に専門性の高い情報や一次情報を入れていくことで高品質な記事を作りやすくなります。

その3.内部リンクを巡らせる

3つ目は内部リンクを巡らせることです。

内部リンクとは簡単に言えば記事内に自社の別記事(関連記事)を設置することです。自社記事から関連する自社記事へ誘導することで、ユーザーの自社サイト回遊時間が増え、これがGoogleからの評価に繋がります。

ユーザーが離脱しないことは、必要な情報があると判断されるため、Googleから評価されるという事です。ですので内部リンクの作成も視野に入れて記事を作りましょう。

その4.記事の更新頻度を上げる

4つ目は記事の更新頻度を上げることです。

せっかく高品質の記事を作成しても、更新頻度が低いとドメインパワーはなかなか上がりません。

ドメインパワーは更新がないと上がらないため、新規に高品質な記事を作成する以外にも既存記事のリライト(内容追加や修正)を行うなどで、更新を絶やさないようにするのが良いでしょう。

その5.サイトの専門性を高める

最後はサイトの専門性を高めることです。

先述の通り、Googleは「専門性」を高く評価しますので、サイトの専門性を高めることは非常に重要です。

例えば「美容」に関して、食やスポーツや美容や…とあれこれ発信するよりも、美容一本に絞った美容家が作るサイトの方が評価されるということです。

被リンクを集めるための3ステップ

続いては被リンクを集めるためのステップを紹介していきます。

競合についているリンクをまとめる

まずは競合のリンクをまとめることです。

前述のSEOツールを利用することで、競合の被リンクの調査をすることができます。

まずは競合にあたる会社を洗い出し、それぞれでどのようなリンクがついているのかをまとめていきましょう。

競合についているリンクをグループ分けする

続いてはリンクをグループ分けしていきます。具体的には

①企業運営サイト(関連業者のサイト)
②個人運営メディアやブログ
③政府系サイト(公官庁や自治体などの入札系)

の3つに分類すると良いでしょう。

関連性があり、もらえそうなところに営業する

最後に分類した各リンク元に被リンク営業をしていきます。

その際に関連性がありそうなリンク元に営業をしていくのが良いでしょう。関連性がないサイトの場合は、断られるケースが多いのとドメインパワーへの影響もあまり期待できません。

営業をかける際は、相互リンクなど相手にとってもメリットがある内容を提示することで成功率は高まります。

その他

その他、グループ会社や取引先に被リンクをお願いするのも一つの手です。

こちらは、全く面識のない企業にお願いするよりも成功率は高いため、まずは面識のあるグループ会社や取引先にお願いして、被リンク営業の感触を掴むと良いかもしれません。

効果の高い被リンクとは?

最後に被リンクの質について解説していきます。効果の高い被リンクとしては以下の2パターンがあります。

①そのリンクから貴社サイトに来てお問い合わせに繋がるリンク
②そのサイトの信頼性を高めるリンク

①そのリンクから貴社サイトに来てお問い合わせに繋がるリンク

このリンクに関しては貴社サイトと親和性が高いリンク元が、お問い合わせにつながるリンクと言えます。例えば貴社サイトがSEOコンサルティングを行っている場合、リンク元はWEBを使った集客に関する記事や売上アップにWEBを活用する方法などが親和性が高いリンク元になります。

競合の被リンク調査を行う際もこういった親和性をチェックして見ると良いでしょう。

②そのサイトの信頼性を高めるリンク

このリンクは、例えば信用力が高い政府のサイトや業界の著名人などから「〇〇ならこの会社が良い」と紹介されて貼られているリンクのことです。信頼の高いリンク元ですので、貴社サイトの信頼性も高まります。

上記2点が効果の高い被リンクになります。

まとめ

以上がドメインパワーを調べる方法と上げる方法のまとめになります。

コンテンツの重要性は強調されることが多いため理解している場合が多いですが、ドメインパワーの重要性には気付いていない企業は多いです。

今からでも簡単に着手できるうえ、しっかりと対策できれば競合に差を付けることができますので、これを機に対策を始めてみましょう。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事