SEO記事で上位表示を狙う記事の作り方を解説【具体例付き】

6 min
上位表示 を狙う SEO記事の 作り方

WEBマーケティングに取り組み始めた人の中には、SEOって何が重要で、記事作りにどう活かしていけば良いの?と考える方も多いと思います。

ただやみくもに記事を書いているだけでは検索上位は狙えず、折角書いた記事なのにアクセスが集まらない。という結果になりかねません。そこで本記事では、SEO記事とは何か?その重要性と検索で上位表示させるために重要な記事の作り方を紹介していきます。

本記事では具体例を出しながらまとめているので、実際の記事作りにも活かしやすくなっていますよ。

それでは早速見ていきましょう。

SEO記事とは何か

まず初めにSEO記事とは何かについてですが、特に決まった定義はありません。

SEO自体は検索結果で上位表示されるための施策なので、その施策を施した記事と解釈することもできますが、本記事では「ユーザーとGoogleから評価される記事」と定義づけて解説していきます。

ユーザーから評価される記事とは

ユーザーから評価される記事とは、ユーザーの疑問・問題を解決する記事のことです。 

ユーザーの検索行動の背景には「○○を知りたい」「○○を買いたい」などのように、自分の疑問や問題を解決したいという目的があります。

その目的に答えを提示してあげることでユーザーは満足し、それが記事の評価につながります。

なぜユーザーから評価されることが大事なのか。

GoogleのSEOに関するガイドラインでは、ユーザーファーストが重要という点が明記されています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Google が掲げる 10 の事実


このようにGoogleがガイドラインで明記しているほどに、ユーザーを第一に考えることが重要であるわけです。ユーザーを第一に考えることでユーザーの評価が高い記事を作りやすく、結果的にGoogleの評価も高まります。

ですので、ユーザーから評価されることは大事なことと言えます。

Googleから評価される記事とは

上の通りユーザーを満足させること以外に、Googleが別途定めているページ評価基準があります。

その基準に沿って作られているページをGoogleは評価し、検索上位に位置付けます。

しかし詳細な評価軸に関しては公開されておらず、各SEO会社やマーケティング関係者はGoogleが公表している情報やこれまでの経験則から評価軸の想定を立てて対策を行っているのが現状です。

しかし、ある程度明確になっている項目ももちろんあります。

そんな明確になっている項目やユーザーファーストを踏まえた、具体的なSEO記事の作り方を以下から紹介していきます。

上位表示を狙うためのSEO記事の作り方【具体例】

それでは、上位表示を狙うのに必要なSEO記事の作り方を説明していきます。

ここでは作り方を「下準備編」と「記事作成編」の2パートに分けて作っていきます。

【下準備編】SEOに強い記事の土台作り

まずは土台から作っていきます。

1.キーワードを選定する

まず初めにキーワードを選定しましょう。

先述の通り、ユーザーの検索意図はキーワードに隠されていますので、記事を作り始める前には必ずキーワードを決める必要があります。

【キーワードの決め方】
キーワードはキーワードプランナーを利用すると良いでしょう。こちらはGoogleが広告配信者向けに提供している無料のツールで、キーワード候補や想定検索ボリュームをまとめて取得することができます。

広告配信を行わなくても利用できるツールなので、気軽に登録してキーワードを選定してみてください。

2.ターゲットを設定する

続いてターゲット設定を行います。

ターゲットの設定が重要な理由は、記事内容に具体性を持たせるためです。ターゲットが絞られていない場合は表現が抽象的になり、結果的に誰にも響かない文章になり得ます。

【ターゲットの設定方法】
ターゲット設定のポイントは2つです。

ターゲット設定のポイント

① ペルソナを立てる
② 検索意図を汲み取る



①ペルソナとは、サービス・商品の典型的なユーザー像のことを指します。例えば「英語 勉強法」というキーワードの場合に、検索をしているのが学生なのか、社会人なのか。学生であれば参考書やアプリでの勉強方法を紹介したり、社会人であれば有料のスクールを紹介したりと、ターゲットを絞らないことには記事で紹介する内容が固まりません。ですので、まずはペルソナを想定してみましょう。

②検索意図を汲み取るですが、どのような意図があってそのキーワードで検索をしているかを考えてみましょう。「英語 勉強法」の場合では、英語に行き詰って効率的な勉強法を探しているという背景や、これから英語学習を始めようとしている背景など様々考えられます。複数の背景が考えられる場合でも、ペルソナに沿って背景を一つに絞った方が記事が書きやすく、かつターゲットに刺さりやすい文章となります。

ですので①と②を意識しつつターゲット設定をしてみてください。

3.競合分析

3つ目は競合分析です。

これは競合の様子を見ることで、どういった内容がGoogleに評価されているのかを知ることができます。

【競合分析のやり方】
決めたキーワードで実際に検索をして、競合の様子を確認します。具体的には以下より

まず先ほど決めたキーワードで検索をしてみましょう。その際にシークレットモードで検索を行ってください。 シークレットモードとは、プライベートブラウジングと呼ばれる閲覧履歴やcookieなどのデータが保存されないブラウザモードの1種です。

Google Chromeを使用している場合では、Google Chromeを起動した状態で「Controlキー+Shiftキー+nキー」を同時に入力すると、別ウインドウが開いてシークレットモードを使用できるようになります。

次に上位に表示されているページ(広告を除く)上から10サイト程確認してみましょう。その際に確認する項目は以下の3つです。

①タイトル
②序文
③見出し

それぞれが必要な理由は以下の通りです。

①タイトル
評価されているタイトルを参考にできるため。そしてキーワードの使い方もチェック可能なため

②序文
序文にどのターゲットに向けた内容なのかを説明している場合が多いので、自分が想定しているターゲットとの違いを確認できるため

③見出し
どのような内容で書かれているのか把握できるため

以上3つを10サイト程見ていくと、特に見出しなどで共通項目を見つけることができます。

共通して書かれている項目については、Googleが評価するうえで必要な項目と考えて良いでしょう。

ですので共通項目は自分の記事にも採用しつつ、他者と差別化できる項目も別途考えて入れるようにしましょう。ポイントはユーザーが欲しい情報である他者にない差別化項目です。

以上のようにして競合分析を行います。ここまで終われば見出しやタイトルを決めることができますので、あとはそれに沿って文章を作っていきましょう。

記事作成編】SEO記事の作成

それでは記事本文を作っていきます。

1.タイトル&見出しにキーワードを入れる

タイトルおよび見出しにはキーワードを入れましょう。

見出しに関して、H2タグにはできるだけキーワードを入れると良いでしょう。記事におけるH2タグは本で言う章にあたりますので、そのキーワードを説明する内容の記事を作るうえでは、H2タグにキーワードが入っていることは重要です。

タイトルにH2タグを据えている場合は、H3タグに積極的にキーワードを盛り込みましょう。

また本文中にも適度にキーワードが必要です。文章が自然になるようにキーワードを入れて、関連語句である共起語も入れると良いです。

2.PREP法を用いて本文書く

続いて本文を書く際には「PREP法」を用いて文章を作ると読みやすくなります。

【PREP法とは?】
Point :要点(結論・主張)
Reason :理由(結論にいたった理由・そう主張する理由)
Example:具体例(理由に説得力を持たせるための事例・データ・状況)
Point :要点(結論・主張)

PREP法とは上記の4つの頭文字を取った、主張を論理的に伝えるための文章構成方法です。

PREP法を用いることで文章の説得力が増し、ユーザーからの信頼性は高まります。また文章の流れがスムーズになるので読みやすく、ストレスを与えません。

【PREP法の例】
Point :英会話ができるようになりたいなら、洋画で学ぶべきだ!
Reason :なぜなら、生きた英会話が学べるから。
Example:洋画では日常の会話を日常の話し方で話す。これは本やオンラインスクールの堅いやり取りでは難しい
Point :なので、英会話は洋画で学ぶべきだ!

※あくまでも例です。

3.関連記事を作成して入れる

最後に関連記事を作成してリンクさせましょう。これは記事内容に関連強い記事を作ってリンクさせるという事です。

一般的にはこれを内部リンクと呼び、良質な記事の内部リンクがあることでGoogleから評価をもらいやすくなります。

また内部リンクがあることでユーザーに次のアクションを促すことができ、ユーザーのサイト滞在時間が増します。滞在時間が増すことはGoogleからの評価向上につながるため、結果的にユーザーにもGoogleにも評価されやすくなるという訳です。

【内部リンク例】
①英語学習には○○という参考書がベストです!
 ※○○の使い方に関してはコチラ(別記事へリンク)
②~以上が英語学習のやり方まとめです。次のステップはコチラです。(別記事へリンク)

という形で関連記事を作っていきましょう。

問い合わせや成約率を上げるための文章テクニック

記事を作成したら、ページ上で商品を販売したり、お問合せページなどの特定ページへ誘導したりする場合があると思います。

その誘導率を上げるために、今できる施策がありますのでご紹介します。

①タイトルをより魅力的かつ具体的にする

タイトルをより意識して作ることで、ページへの流入率が増します。

タイトル付けのポイントは以下の3つです。

  • 特定のターゲットに刺さるように付ける
  • 具体的な数字を入れる
  • 自分が魅力的だと思う内容を付ける

【具体例】「副業で5万円を稼ぐ方法」というタイトルの場合
 →「初心者でも副業で5万円を稼ぐ方法」(特定ターゲット)
 →「初心者でもたった5日で副業で5万円を稼ぐ方法」(具体的な数字)
 →「【1日5分の作業で】初心者でも副業で5万円を稼ぐ方法」(魅力的な内容)

最初のタイトルと比べると一目瞭然で変わります。すでに上位表示されているページはこうしたタイトル付けを意識して作っている場合が多いので、参考に出来る部分は多いでしょう。

②セールス文章で明るい未来を想起させる

セールス文章を工夫することで、問い合わせ数や成約数が上がります。

例えば中高生向けの英語勉強法に関する記事で、英語のオンラインサイトに登録してもらいたい場合、「英語のオンラインサイトはこちら」とするよりも、「今登録することで、期末テストまでに上達します。」のような、利用することで得られる明るい未来を提示することで成約率が上がります。


さらに「今登録しないと期末テストには間に合いません」のような損失も想起させることで、さらに成約率向上が期待できます。

③限定を付ける

いかなる場合においても有効なのが「限定」です。

「限定」という文言を付けるだけでも、問い合わせ数や成約率は上がります。

例えば、上の例に付け加えた場合では「今なら先着5名様限定で、オンラインサイト利用無料!」といった形です。

これは「スノッブ効果」と呼ばれており、人間の差異化願望に基づく概念としてマーケティングでは有効とされています。

セールス場面で利用できれば、問い合わせや成約率アップが期待できるので、ぜひ使ってみましょう。

まとめ

以上がSEO記事で上位表示を狙う重要性と記事の作り方になります。

今回説明した記事の作り方をまとめます。

【下準備】
1.キーワードを選定する
2.ターゲットを設定する
3.競合分析

【記事作成編】
1.タイトル&見出しにキーワードを入れる
2.PREP法を用いて本文書く
3.関連記事を作成して入れる

以上です。

自分本位ではなく、ユーザーおよびGoogleに読ませるための記事を意識してSEO記事を作っていきましょう。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事