SEO対策を依頼する前に知っておきたい注意点や会社選びのポイント

6 min
SEO対策を依頼するまでに知っておきたい注意点や会社選びのポイント

SEO対策をしたいけど、何をすれば良いのか分からない。SEO会社に依頼しようにも、どの会社にお願いすれば良いのか分からない。という方もいますよね?

SEO会社の数はかなり多いですし、前提知識がないうちは各社の良し悪しの判断も難しいものです。

そこで本記事では、SEO会社に依頼する前に知っておくべき知識や会社選びのポイントおよびメリット・デメリットをまとめていきます。

依頼をする前に本記事を読めば、自分達にあった会社選びができるようになりますよ。

SEO対策で失敗しないための注意点

まず初めにSEO対策で失敗しないための注意点をまとめます。

見切り発車をしない

まずは「思い立ったらすぐにSEO依頼」と考えない事です。SEOはやり方も幅広く、各社ごとに必要な対策も異なります。

何も知らない状態での依頼の場合、SEO会社に都合よく対策を決められて余計なお金を搾取されかねません。なので重要なことはまずSEOの概要を理解することと、自分達なりのSEO会社選びの基準を設けることです。

SEOの概要知識と会社選びのポイントに関しては後述していきます。

費用の高さ=成果が出せるわけではない

続いての注意点は「費用が高い=成果が出る(効果が高い)」と考えないことです。

日用品などの消費財と違って「高いもの=質の良いもの」は当てはまりません。というのもSEOにおいては対策としてやることの内容に各社大きな差がないからです。

料金の差が生じる要因は多々ありますが、費用が安くてもしっかりと成果を出す会社もあります。

ですので、費用の高さ=成果が出やすいと考えないようにしましょう。

SEO会社に依頼する前に知っておくべき3つの知識

続いて、SEO会社に依頼する前に知っておくべき3つの知識を紹介します。

1.SEOの概要を理解する
2.SEO対策をする目的や目標を明確にしておく
3.SEOをやれば必ずうまくいくわけではないことを理解する

以下から細かく説明していきます。

1. SEOの概要を理解する

まずはSEOの概要を理解することが重要です。

【SEOとは】
SEOとは「Search Engine Optimization」のことで検索エンジン最適化のことを言います。

かみ砕いた言い方をすれば、Googleなどでの検索結果にページを表示させ、検索した際の表示順を上げていく施策です。そうすることでウェブからのアクセスを増やして目的(商品購入など)を達成していく狙いがあります。

SEOは主に内部対策、外部対策、コンテンツ対策の3つで成り立っています。

【内部対策の役割】
サイトの構造や設計を最適化する施策です。内部対策を行うことで、サイト評価を行うGoogleクローラー(ロボット)から適切な評価をもらいやすくなります。

【外部対策の役割】
外部サイトから質の高いリンクを受けるための施策です。評価が高いサイトなどからリンクをもらう事で、そのサイトから評価されているとGoogleから判断され、評価向上に繋がります。

【コンテンツ対策の役割】
良質なコンテンツ(記事)を制作する施策です。良質なコンテンツを作ることで、SNSでの共有やそれぞれのページからのアクセス増加が期待でき、結果的にサイト全体の強化に繋がります。

以上をメインに、全体的なコンサルティングやサイト解析などの細かい施策も組み合わせながら対策を行っていきます。

2.SEO対策をする目的や目標を明確にしておく

続いて知っておくべきことは、SEO対策をする目的や目標を明確にしておくという点です。

ただ単にSEO対策の依頼をして終わりではなく、SEOを何のために行うのか、最終的にはどのような成果を目指しているのかを明確にしておく必要があります。

目的や目標設定がないと結果に対する評価で後々揉めかねません。売上UPなのか検索順位向上なのか、アクセス増加なのか、その他なのかと、SEO会社としっかりと共通の目的や目標を握っておくことが重要です。

3.SEOをやれば必ずうまくいくわけではないことを理解する

最後はSEOをやれば必ず上手くいくわけではないことを知っておきましょう。

まずSEO対策に関しては、検索上位表示のアルゴリズムは公開されておらず、各社はGoogleのガイドラインやこれまでの経験に基づく対策によって検索上位を狙っています。

つまりどこの会社も100%で対策できるわけではないため、どこの会社に依頼しても期待通りの成果が上がらない可能性もあります。

そして検索上位に来ても、クリックや成果発生が期待通りにならない可能性もあります。このあたりはタイトルや記事内容を変えることで改善は見込めますが、必ずしも当初の期待通りにSEOがうまくいくとは限らないことを理解しておきましょう。

SEO対策を依頼するメリットとデメリット

続いてはSEO対策を依頼するメリット・デメリットについて紹介していきます。

依頼するメリット

まずは依頼するメリットから見ていきます。

自社内で手がかからない

まず初めに、依頼することでSEOに関連する業務を任せることができるので、自社内で手がかからないことがメリットと言えます。

手がかからないというのは「人的リソース」や「時間的リソース」を削減できるということです。

SEOは本格的にやろうと思うと、時間も人も必要になってきます。日頃から別業務も行っている担当者の場合、とてもSEOまで手が回らないことが多いです。

その点依頼することで、自社のリソースを割くことなくSEOに取り組めるので、SEOを外部に依頼することは人的・時間的リソースを得られる点でメリットと言えるでしょう。

自分でやるよりも効果が出やすい

続いては自分でやるよりも効果が出やすい点です。

SEOを知らない場合はまずSEOについての勉強から始まり、学んだ内容をアウトプットする形で対策を進めて行くことになります。

SEO会社に依頼するということは、SEOのプロに対策を依頼するという事になるので、こちらの方が圧倒的に効果が出やすいのは言うまでもありません。

SEO会社は、これまでの経験から培ってきたやり方や運用していく中で蓄積したデータを保持しているので、ある程度しっかりとした根拠を持った対策ができます。

それらを利用できると考えると、お金を払っても利用する価値があると言えるでしょう。

専門家からSEOの知識を吸収できる

最後のメリット面は知識を吸収できる点です。

上と繋がりますが、SEO会社に依頼するという事はSEOの専門家と繋がるという事です。

専門家から教わるSEOに関する情報は、業種ごとの具体的な施策内容や結果などの生のデータに基づく情報のため、本やネットでは得られないような貴重で価値のある情報となります。

こういった情報は、やはりSEO会社と契約しないと得られないため、専門家からSEOの知識を吸収できる点は依頼するメリットと言えます。

依頼するデメリット

続いては依頼するデメリットを見ていきます。

お金がかかる

一番のデメリットはお金の面でしょう。相場感に関しては後述しますが、SEO対策依頼は決して安いものではありません。

決められた予算内でどれほどお金を割くことができるのか、それに対しての効果をどれほど見込めるのか。などの費用対効果を考えながら依頼をする必要があります。

場合によっては、SEOを内製化する判断も必要になる場合があります。

SEO会社の選定が難しい

続いてのデメリットはSEO会社の選定が難しいという点です。

特に初めて依頼する際などは、各会社のどの違いを比べて、どこを評価すれば良いのかが分かりづらいと思います。最近では口コミや評価サイトなどもありますが、評価するポイントは各々異なるので、あまり信用できません。

色々な箇所を比較して迷うよりは、軸となるポイントを絞って比較して決めるのが良いでしょう。

無駄なコストが発生する場合がある

最後のデメリットは無駄なコストが発生する場合がある点です。

SEOを何も知らない状態で依頼を行うと、不要なサービスを提案されたり、余計な手数料を支払わされる場合があります。

事前にある程度SEOのことを知っておくことで、手数料やサービスの必要有無を理解できたりする可能性があるので、しっかりと事前に学習しておくことが大事です。

SEO会社の選びの3つのポイント

続いては、SEO会社を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

ポイント1.予算感にあったSEO会社に依頼する
ポイント2.施策内容の透明性を確認する
ポイント3.会社の規模や実績だけで判断しない

以下よりそれぞれ細かく紹介していきます。

ポイント1:予算感にあったSEO会社に依頼する

まず初めのポイントは予算感に合う会社に依頼するということです。

各施策の大体の予算感を以下にまとめます。

・SEOコンサルティング:月額30万円~ (数百万のケースもあります)
・内部対策:10~20万円(払いきり)
・外部対策:月額1~20万円 ※成功報酬支払いのケースはさらに上がる場合があります
・コンテンツ:数千円~20万円ほど(記事単価)

大手のSEO会社ほど費用は高くなります。蓄積しているデータやノウハウは凄いですが、予算感に合わず無理に大手に依頼をすると、適当な対策をされかねませんので注意が必要です。

安すぎる会社にも要注意

中には1キーワードを月額数千円で対策してくれる格安な会社もありますが、こちらも注意が必要です。こういった会社は以下のような2パターンであることが多いです。

・案件(クライアント)が少ないので、安価でまずクライアント獲得を優先している会社
・悪質なリンクを大量貼りしている会社

後者の会社には要注意です。サイトと関係のないリンクを貼っていく手法でリンクの数で上位表示をさせようとする手法を用います。

かつてのSEOではリンクの数=サイトの信頼性に直結していたので有効的な方法でしたが、現在ではサイトと関係ないリンク=不正にリンク操作をしていると判断されペナルティの対象になり得ます。

こうなると順位が上がるどころか下がる危険性もありますので、安すぎる会社には注意しましょう。

ポイント2:施策内容の透明性を確認する

SEO対策は不透明な部分も多くあり、内容を開示していないケースも多いですが、施策の意味やリスク・目的などを細かく説明する会社を選びましょう。

前述した通りSEOに100%はありませんので、しっかりとしている会社であれば、検索順位が上がらない可能性も踏まえて説明をしてくれるはずです。

「確実に成功する」「施策内容を開示できない」「リスクは0です」などと謳う会社には注意しましょう。

ポイント3:会社の規模や実績だけで判断しない

会社の規模や実績だけで判断しないようにしましょう。

規模の大きい会社でも、担当によってレベルは千差万別です。ベテランから新卒の担当までいるので、会社規模からは良し悪しの判断はできません。

また実績面に関しても、同業種の実績がなかったり、担当となる人が経験豊富の人とは限りません。依頼する時に指名できるような会社であれば良いですが、多くの場合は選ぶことが出来ないケースが多いため、注意が必要です。

その反面小さい会社だからと言って良いわけでもなく、実績を見極める事が大切です。同業の実績や経験はどれほどあるのかを参考程度にチェックしておくようにしましょう。

まとめ

以上が、SEO対策を依頼する前に知っておきたい注意点や会社選びのポイントになります。

事前にしっかりと知識を入れたうえで依頼をかけることは重要です。SEO会社は日本にたくさんあるので、しっかりと見極めて契約をまとめられるようにしましょう。

株式会社デジマケではSEOコンサルタントの品質と成果へのコミット力が一番の特徴です。日本を代表する企業の現役SEO担当者やコンサルタントも在籍し、SEOの知識やスキル、経験についてはご安心いただけます。

また、限られた予算内でウェブサイトからの売上を最大化させるためには、必ずしもSEOが必要とは限りません。デジマケのコンサルタントはお客様の事業やサイトの状態に合わせて、幅広い選択肢から最適なご提案をいたします。

まずは目的や方向性の相談も兼ねて、以下よりお気軽にお問合せください

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事