【図解】SWOT分析って何?活用方法や事例も分かりやすく紹介

5 min
SWOT分析とは何か

マーケティング戦略を考える際に、フレームワークを活用していますか?現在では、多くの企業がSWOT分析を活用してマーケティング戦略や経営戦略を決定しています。

この記事ではSWOT分析について活用方法や事例も紹介しています。参考にしながらSWOT分析を活用していきましょう。

SWOT分析とは何か?

SWOT分析とは「Strength(強み)・Weakness(弱み)・Opportunity(機会)・Threat(脅威)」の4つの要素を競合他社や市場による外部環境と価格や品質による内部環境に分けて分析するフレームワークです。

SWOT分析は、企業の戦略やマーケティング戦略を決める際に活用されます。ビジネスを展開していく際には、自社の環境を取り巻く外部環境と内部環境を客観的に分析して戦略を考えることが重要です。

4つの要素を軸にして、自社の事業をどのように発展させていくか、ビジネス的戦略を考える際に利用していきます。

SWOT分析をする主な目的

SWOT分析をする目的はご存知でしょうか。

SWOT分析をする理由は、効果的な経営戦略やマーケティング戦略を立てられるようになることです。それに加え、SWOT分析は市場を分析して自社の事業が競合他社に対してどの点で勝っているのかを把握できるようになります。

そうすると、その利点を生かした経営戦略やマーケティング戦略を立てられます。また、事業の弱みに当たる部分を客観的に分析することで、どのような課題があるのかを把握できます。

いつSWOT分析するの?

より効果的な経営戦略やマーケティング戦略を立てようとするのであれば、事業計画を作るタイミングでSWOT分析を活用しましょう。

なぜなら、競合他社と比べたり市場を分析したときに、事業を継続するか撤退するかを選択できるからです。早い段階で客観的に事業の状況を把握できれば、意思決定も早くなり損失も最小限に抑えられます。

SWOT分析のやり方

SWOT分析がどのようなものかは理解できたでしょう。しかし、SWOT分析を活用するにはやり方も理解しておく必要があります。

そのため、以下ではSWOT分析のやり方を解説していきます。

まずは外部環境分析をする

まずは外部環境分析をしましょう。外部環境はSWOT分析の中でも「Opportunity(機会)・Threat(脅威)」に当たります。最初に自社の事業を取り巻く外部環境を知ることが重要です。事業の業界や分析する対象によっても異なりますが、主に分析する項目は以下のような項目です。

  • 市場規模や市場の成長性
  • 競合他社の状況
  • 景気
  • 政治
  • 法律

上記で挙げた項目はあくまでも例です。また、外部環境分析をする際には以下のようなフレームワークを活用するのもおすすめです。

PEST分析

PEST分析

PEST分析はマクロ環境分析をするフレームワークです。「Politics(政治)・Economy(経済)・Society(社会)・Technology(技術)」から頭文字を取っています。

先述したように、自社の事業を取り巻く外部環境は世の中全体の変化である「マクロ環境」に影響を受けています。そのため、PEST分析を活用してマクロ環境を分析するのも重要です。

ファイブフォース分析

ファイブフォース分析

ファイブフォース分析は、外部環境分析の中でも「事業環境」の分析をするためのフレームワークです。経営戦略を考える際には「業界の競争状態=競争要因」を理解する必要があります。そして、以下の5つの競争要因によって業界の収益性が決定されています。

  • 新規参入者の脅威
  • 売り手の交渉力
  • 買い手の交渉力
  • 代替品や代替サービスの脅威
  • 既存企業同士の競争(競合他社)

外部環境分析をするには、PEST分析とファイブフォース分析を活用することも重要です。

内部環境分析をする

次に内部環境分析をしましょう。内部環境分析はSWOT分析の中でも「Strength(強み)・Weakness(弱み)」に当たります。

内部環境分析をする際には、外部環境分析から得られた情報を元に、事業の強みや弱みを分析することが重要です。主観で判断するのではなく、客観的に判断する必要があると理解しておいてください。

また、数値やデータを用いて分析すると客観的に判断できるでしょう。主に、内部環境分析で分析される項目は以下のような項目です。

  • 価格や品質
  • 認知度
  • ブランド力
  • 立地
  • サービスや技術力
  • 資源

クロス分析をする

外部環境分析と内部環境分析をすると、SWOT分析の「SWOT」全てを埋めることができます。しかし、それだけではSWOT分析ではありません。それぞれの要素を埋めることができたら、それらを掛けあわせてクロス分析をします。

クロス分析では、それぞれの要素を掛けあわせて戦略を考えていきます。

強みと機会

強みを活かして、機会をどう活かしていくかを考えます。新規事業を始める際に分析すると良いです。

強みと脅威

強みを活かして、脅威になることを避けるように考えます。脅威として考えられることもビジネスチャンスにできることがあります。そのため、脅威を避けることだけを考えるのではなく、どのように活用するのかまで考えましょう。

弱みと機会

弱みに当たる部分を改善したり、機会をどのように活かすかを考えます。弱みを改善することで新たな強みにできる可能性もあります。改善するだけではなく、その後にどうするかまで考えましょう。

弱みと脅威

弱みを知り、想定できる脅威による影響を避けることを考えます。自社の弱みに対しての脅威はなるべく避けた方が良いでしょう。しかし、避けられないこともあります。そのため、しっかりと脅威によってどのような事態が起こるのかを想定しましょう。

SWOT分析をする際のポイント

SWOT分析をする際のポイント

SWOT分析のやり方は理解できたでしょう。しかし、分析を始める前に理解しておくべきポイントもあります。

そのため、以下ではSWOT分析をする際のポイントを解説していきます。

目的を明確にする

そもそも、なぜSWOT分析をするのかを明確にしましょう。SWOT分析を活用して、自社の事業をどのように発展させていきたいかなどの目的がないとSWOT分析をする意味がありません。

事業の目指す目標を達成するために、どんなことが必要なのかを知るためにSWOT分析を活用するからです。目的を明確にしないまま分析や調査を進めても、正確に分析するのは難しいです。さらには、競合他社に対する良い対策も考えられないでしょう。

また、目的が変わると分析対象が変わる可能性があることも理解しておきましょう。

手順を理解する

実際に分析するには、適切な手順で分析をするのも重要です。具体的には以下のような手順で分析します。

  1. SWOTの要素を書き出す
  2. それぞれをグループ分けする
  3. グループ分けしたものを整理する

この手順で分析すれば、クロス分析の際にどのような戦略を立てるのか考えやすくなります。また、このような手順で分析できるテンプレートなども使用すると良いでしょう。

分析するメンバーに注意する

SWOT分析をするメンバーはマーケティング担当者や経営陣だけだと思っていませんか?

分析するメンバーがマーケティング担当者や経営陣だけだと視点が偏ります。営業や制作担当者から見た強みや弱みは、少し異なるかもしれません。

そのため、営業やエンジニア、広報担当などのさまざま視点から分析できるようにメンバーを選出しましょう。

SWOT分析は決して万能ではない

SWOT分析をすれば、全ての問題が解決する訳ではありません。重要なのは目標達成のために適切な戦略を実行していくことです。SWOT分析はあくまでも目標達成に必要な分析ということです。

SWOT分析で全ての問題を解決できることはありません。しかし、自社と競合他社の関係、市場との関係を客観的に把握するには効果的です。そのため、上手くSWOT分析を活用していきましょう。

SWOT分析をした事例も紹介

SWOT分析を実際にどのように活用していくか分からない方もいるでしょう。

そのため、以下ではSWOT分析をした事例を紹介していきます。事例を見てどのように活用するのかを参考にしてください。

大手自動車メーカー

大手自動車メーカーは軽自動車の生産や中国市場への参入に消極的でした。その場合に、SWOT分析をした事例は以下の図の通りです。

SWOT分析-大手自動車メーカー

この分析の結果、強みである「自動運転技術への投資」をさらに展開して、自動運転車の販売を積極展開しました。また、中国市場には未参入でしたが、東南アジアの市場へ積極的に参入する戦略を取りました。

大手建築業

大手建築業の企業では「地域の過疎化による着工数の減少」を問題視していました。その場合に、SWOT分析をした事例は以下の図の通りです。

SWOT分析-大手建築業

この分析結果から、外部環境である「農地改正による農業参入への規制緩和」と自社に農業経験者がいる強みを活かして、地域の農家とも連携を取りながら農業参入を図り、弱みである建築機械を活用する余剰がないことを改善していきました。

大手百貨店

大手百貨店では、顧客層の高齢化や収益性の低い店舗をどうするかなどの課題があります。その場合に、SWOT分析をした事例は以下の図の通りです。

SWOT分析-大手百貨店

百貨店はこの分析からも理解できるように、脅威である「個人消費の減少・増税による不景気」などに加えて、新型コロナウイルスの影響をもろに受けています。そのような状況の中でも、ECと連動して仮想現実(VR)を活用したアプリ上で買い物ができるサービスを展開するなどの戦略を取っています。

以前までは、機会の中にある「中国人観光客の増加・アジア圏の経済力向上による市場成長」などは、新型コロナウイルスの影響であまり活用できなくなってきました。そのため、今度も百貨店がどのような戦略を取るのかは注目していきたいですね。

まとめ

ここまで、SWOT分析のやり方や事例についても紹介してきました。これから、自社の事業についてSWOT分析をすることもあるでしょう。

その際に、デジタルマーケティングに関する戦略に弱いと分析できることも多いでしょう。その場合にはデジタルマーケティングを幅広く依頼できるデジマケに依頼することで解決できます。

自社の事業を発展させるために、どのような戦略を取る必要があるのかを知るためにもSWOT分析は重要です。上手くSWOT分析を活用して自社の事業を発展させていきましょう。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事