SEO対策を外注するメリットや業者の選び方、料金相場などを解説

7 min

昨今では、様々な企業で自社サイトなどを運営していたりします。その際にPV数を増やすためにSEO対策を行っている企業も多いと思います。

SEO対策は自社で行う場合と外注する場合がありますが、この記事ではSEO対策を外注するメリットや外注先の業者の選び方、料金相場などを解説していきます。

SEOとは何か

SEOとは、検索結果の上位に表示させるように対策することで、アクセス数を増やすように対策することです。サイトにユーザーを多く流入させるには、ユーザーが検索したときになるべく上位に表示させることが重要となります。

自社のコンテンツの質がどれだけ高い物でも、ユーザーが検索した時の検索順位が低いと、多くのユーザーはそのコンテンツを見ることすらできません。そのため、多くの企業やサイト運営者がSEO対策に取り組んでいます。しかし、簡単に検索順位を上げられるほどSEO対策は易しいものではありません。また、自社のリソースの問題で中々取り組めない企業も多いものです。そこで外注化によってSEO対策を行う企業も増えています。

以下で、3つの大きなSEO対策の施策を外注した場合にどのようなことをしてくれるのか解説していきます。

内部SEO対策を外注する場合

内部SEO対策を外注すると「モバイルユーザーに見やすいよう調整・内部リンクの設置・パンくずリストの作成・サイトマップの作成」などを実施します。サイトの規模によって、金額が変わることが多いため、外注先候補の会社に都度確認する必要があります。

内部SEO対策は、コンテンツSEOと曖昧になって考えられがちですが、コンテンツSEOは記事の作成がメインの施策なので、内部SEO対策の施策には含まれてないため注意が必要です。

外部SEO対策を外注する場合

外部SEO対策を外注すると、ほかの競合サイトなどから自社サイトへのリンクを獲得する施策を依頼できます。しかし、被リンクを購入することはGoogleの規約に違反し、ペナルティの対象となってしまうため注意が必要です。そのため、外部SEO対策を外注した場合には、SNSを運用して被リンクを獲得するなど、間接的な施策を実施する企業もあります。

また、外部SEO対策を外注した場合に、おこなってくれる施策は主に、被リンクを獲得する施策になります。そのため、自分のサイトの設計を変えたりすることでできる内部施策とは違って、外部からのリンクを獲得する必要があります。さらに、外部SEO対策は難易度が高いとも言えるため、外注する費用が高くなることもあります。

コンテンツSEOを外注する場合

コンテンツSEOの外注では、記事や動画、記事内に挿入するイラストなどの作成が可能です。業者はコンテンツの作成のために、キーワード選定や構成作成を行います。業者によっては納品物以外にも、キーワード選定の調査結果や構成も共有してもらえる場合があります。そのため、コンテンツ作成に必要となる業務を全て外注することも可能です。

また、内部施策を外注する場合と同じように、公開する記事のジャンルなどによって金額が変わることもあるため、外注先候補の会社に都度確認する必要があります。

SEO対策を外注する時の主な3つの業者

SEO対策を自社内で行うには、それなりの時間と人件費がかかります。自社内にSEO対策における専門知識を持っている人間がいない企業も多く、そのためSEO対策を外注している企業も多くいます。

ここでは、SEO対策を外注する時に関わる、主要な3つのSEO対策業者の種類について解説していきます。

月額固定型

月額固定型の業者は、月々決まった額を支払う契約でSEO対策を行ってくれる業者のことを指します。月額で料金が固定されているので、検索順位の上昇などの成果に関わらず料金が発生していきますので、予め理解しておかなければいけません。

小規模のサイトであれば月に数万円~でお願いできたり、規模の大きなサイトであると月100万円を超えることもあるので、料金にかなりの開きがあります。

月額固定型で主に行われる施策は、コンテンツSEO・外部SEO対策であることが一般的です。内部SEO対策に不安がある場合には、対応してくれるかどうか業者に問い合わせてみても良いでしょう。

一括支払型

一括支払型は、SEO対策を行う契約の契約金を一括で支払うパターンの業者です。主に記事の作成や短期間でのSEOコンサル、サイトページの修正などを行います。記事の作成を依頼する時には、文字単価で支払う場合や1記事〇円という形で支払う場合があります。

一括支払型は、コンテンツSEO・内部SEO対策を行っている業者で採用されていることが多いです。

成果報酬型

成果報酬型は、ユーザーが検索した時に表示される検索順位に関して、上位に表示された場合や検索順位を改善できた成果に対して料金を支払う契約です。当然、検索順位が上位になればなるほど費用は高くなります。

また、先述したようなペナルティの対象となっている不正な施策によって一時的に検索順位を上げ、高額な費用を請求する業者も稀にいます。そのため外注する時には、依頼する業者の施策内容について確認することや正しい業者選びが重要になります。

SEO対策を外注する時の料金相場

実際にSEO対策を外注する時に、どのくらいの費用がかかるのか予想できない方も多いと思います。業者によっては、受注先の企業のSEOに関する知識が乏しいことを良いことに高額な請求をしている場合もあります。

そのため以下で紹介する、施策ごとの料金相場を理解して業者を選ぶことが大切です。

内部SEO対策を外注する場合の料金相場

内部SEO対策を外注する場合の料金相場は、一般的に10万円~100万円であることが多いです。数ページのサイトや数百ページのサイト、数千~数万など、サイトの規模によっても料金は変動する場合もあります。
サイト規模による料金の幅については会社ごとによっても異なるので、SEO業者に問い合わせて見積を取るのが一番です。

外部SEO対策を外注する場合の料金相場

外部SEO対策を外注する場合の料金相場は、1つのキーワードで月1万円~20万円である場合が多いです。

先述したように、外部リンクを購入したりするなどの施策はGoogleのペナルティ対象になるので、外注する際にはどのようなリンクが貼られるのか業者に開示してもらうことが一番です。

コンテンツSEOを外注する場合の料金相場

コンテンツSEOの施策のメインは、記事の作成になります。そのため、記事の作成を外注した時の料金相場について紹介しますが、イラストや動画を作成する場合もあります。

記事作成にかかる料金の相場は、1記事3万円~10万円であることが一般的です。実際に流入を狙うキーワードやコンテンツの量、内容によっても料金が変わります。

上記で紹介した料金相場は、業者によっても変わってくるので、あくまでも目安の数字として認識しておくと良いです。

SEO対策を外注するメリット3選

SEO対策を自社で行うには、それなりに時間と手間がかかると説明しましたが、素人がコンテンツの作成に注力したり、サイトを修正したりしても、ユーザーの検索意図と逸れているコンテンツになっていることも多く、思ったよりも効果が出ないと感じることもあるでしょう。

そのため、SEO対策についてはプロに外注する企業も多いです。ここでは、SEO対策を外注する大きな3つのメリットについて解説していきます。

SEO対策のプロにお願いできる

SEO対策を受注している業者は、SEO対策のプロです。SEO対策のプロとは、自社内のSEO担当者などとは異なり、よりSEO対策の分野に特化して日頃から業務をおこなっているため、前述した内部SEO対策・外部SEO対策・コンテンツSEO対策などもすべて把握した上で、依頼先の企業サイトの検索順位を上げる最善の策を提案してくれます。

Googleのアップデートに対応する事ができる

Googleはユーザーへの利益を最優先に考えて、日々アルゴリズムのアップデートを行って、ユーザーの検索意図にそぐわないサイトや低品質なサイトは上位に表示されないような施策を行っています。

SEO対策は、Googleという検索エンジンの方針に依存しているので、高い効果を得続けるにはGoogleの方針やアップデートの動向に対応していかなければいけません。

SEO対策のプロは常にアップデートなどの最新情報をキャッチして、それに応じて対策することができます。そのため、SEO対策のプロに依頼することで、ペナルティを受けたりして検索順位が低下するリスクを最小限に抑えられます。

サイトに応じた課題解決策の提案ができる

SEO対策と一言で言っても、サイトによって対応すべき課題はさまざまです。そのため、そのサイトにどんな課題があって、どう改善していくかを考えて実行していく必要があります。

SEO対策のプロに依頼することで、自社サイトの抱えている課題を分析して、それに合った対策を提案してくるため、課題解決に向けた施策の実行をスムーズにおこなうことができます。

また、前述したようにサイト運営を行っていると、急なGoogleからのアップデートなどにより検索結果が乱高下することもあります。そのような時でもSEO対策をプロにお願いしていれば、その時の状況によって適切な施策を実行することができます。

SEO対策を外注するデメリット

SEO対策を外注する時のメリットについて解説しましたが、SEO対策を外注するデメリットもあります。予めデメリットについても理解しておけば、後のトラブル防止にも繋がるので確認してください。

自社にノウハウを蓄積しづらい

SEO対策はサイトを運営し続ける限り、永遠に続きます。その中で自社内でなく他社にSEO対策を外注し続けていると、自社にSEO対策のノウハウを蓄積しづらいです。

そのため、将来的には自社でSEO対策を行えるようにしたいと考えているのであれば、SEO対策業者から提案される施策などを担当者がきちんと社内で共有して、ノウハウを吸収できるようにしておく必要があります。

コストがかかる

依頼する業務範囲やキーワード、サイトの規模によっても様々ですが、SEO対策を外注する際には決して安くはない費用がかかってきます。

SEO対策を行うノウハウや知識を持っていないのであれば、仕方のない出費と考えても良いですが、コストを最小限に抑えるには自社でSEO対策を行うしかありません。そのため、上記で説明したように外注先からノウハウや知識を吸収するという考え方が重要です。

また、かかったコストの回収をすぐにできないことも多いです。それは、SEO対策は長期間かけておこなう施策であり、最初にコストをかけて実施してもすぐには成果が出にくく、コストの回収をすぐに行うことが難しいからです。

SEO対策を外注先の4つの選び方

SEO対策を外注する時の外注先をどのように選べば良いか分からない方も多いと思います。SEO対策の外注先の選び方には4つのポイントがあるので、以下で解説していきます。

提供しているサービスを把握する

SEO対策の施策には、前述したように内部SEO対策・外部SEO対策・コンテンツSEOと施策が分かれています。そのため、自社のサイトに必要な施策を分析して、提案・実行のできる業者を選ぶ必要があります。

選ぶ際には、その会社の実績などを見て「自社サイトで行うべき施策が得意であるか・サイトに合わせた施策を実行できるか」を判断しても良いでしょう。

適切な契約期間で契約できるか

SEO対策は、広告戦略などとは違ってすぐに効果が出る施策ではありません。少なくとも半年~1年以上の長い期間をかけて行う施策であると考えてください。

そのため、依頼できる期間が1ヶ月~3ヶ月程度など短すぎないか、継続して依頼することができるのかなどの契約期間についても必ず確認するようにしましょう。

その会社に実績があるか

SEO対策を外注する際に、自社のサイトに必要な施策を得意とする会社にお願いした方が効果を得られる可能性が高いです。

そのため、依頼を検討している会社に自社と似たようなサイトの改善実績などがあるかどうかを判断材料の一つに入れて検討することも重要です。

効果が出ない時に最善の施策を実行できるか

上記で説明しましたが、SEO対策は長い期間をかけて行う施策のため、短期間で結果が出るとは限りません。他にもGoogleのアップデートなどで一時的に検索順位が低下することもあります。

そのような効果が出ない時に依頼する会社が、起きている問題に対して適切な施策を提案して実行できるか、その姿勢のある会社かどうかを確認しておく必要があります。また、起きた問題によっては追加の料金が発生するなど、契約金の中にはどの範囲まで含まれているかなどを予め確認しておきましょう。

おすすめのSEOサービス会社

ここまでSEO外注に関することについて解説してきましたが、実際にどんなSEOサービス会社にお願いしたら良いか気になると思います。

ここでは、おすすめのSEOサービス会社について解説していきます。

実績のある会社や高い実績を持った人がいる会社

SEO外注をする際には実績のある会社や高い実績を持った担当者のいる会社にお願いすることをおすすめします。

以下で、実績のある会社や実績のある担当者のいる会社の中から3つのおすすめのSEOサービス会社を紹介します。

ナイル株式会社

自社で運営する「ナイルのSEO相談室」でも専門性の高い知識を公開しています。集客支援が得意で、今まで支援した会社にはライオン株式会社や三井住友カード株式会社などがあります。

※ナイル株式会社HPはこちら確認できます

株式会社フルスピード

株式会社フルスピードはSEO対策会社として、インターネットマーケティング・アドテクノロジー事業など幅広い事業を展開しています。株式会社フルスピードの提供しているデジタルマーケティング支援サービスは2つの「コンサルティングプラン」と「課題改善プラン」があり顧客のニーズに幅広く対応しています。

※株式会社フルスピードHPはこちらから確認できます

ディーエムソリューションズ株式会社

ディーエムソリューションズ株式会社は、SEOコンサルティングなどを中心に1,000社を超える企業との取引実績があります。インターネット事業とダイレクトメール事業を主に行っており、インターネット事業では、SEOコンサルティングやコンテンツマーケティング、Webサイト制作、広告運用などのサービスを提供しています。
※ディーエムソリューションズ株式会社HPはこちら確認できます

まとめ

ここまで、SEO対策を外注するメリットや業者の選び方についても解説してきました。自社でSEO対策を行えない場合やリソースをこれ以上割きたくない場合には、とても魅力的なサービスとなっています。

しかし、業者を選ぶ際にもある程度の予備知識も必要であることを忘れてはいけません。この予備知識を知っていれば、後にノウハウを吸収する際にもスムーズに理解できるので、必ず基本知識程度は知っておくようにしましょう。

SEO対策を外注するメリットや業者の選び方、料金相場などを解説
ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事