SEO内部対策が重要となる理由や外部対策との違いも紹介

8 min
SEO内部対策が重要となる理由や外部対策との違いも紹介

SEO対策について調べる中で、「内部対策」や「外部対策」「コンテンツSEO」が重要になると聞いたことはありませんか?

この記事では、そのような方に向けて「内部対策」が重要となる理由や「外部対策」「コンテンツSEO」との違い、「内部対策」のやり方を紹介していきます。

SEO内部対策とは何か?

SEO対策は主に「内部対策」「外部対策」「コンテンツSEO」の3つに分けられます。内部対策はサイト内部に関する対策のこと、外部対策は被リンクに関する対策のこと、コンテンツSEOはコンテンツ作成に関する対策のことです。

内部対策を詳しく説明すると、Googleがサイトの評価をする際にサイトの情報を集めている「クローラー」が巡回・認識しやすいようにサイトを最適化することです。そのため、「内部対策」はサイト評価を下げないようにするための施策です。

「内部対策」を一つ一つやっていくことを面倒に感じる方も多いですが、「内部対策」をしないと良質なコンテンツを作成しても上手くクローラーが巡回・認識できずに検索順位を上げることが難しいです。

外部対策やコンテンツSEOとの違い

「内部対策」と「外部対策」「コンテンツSEO」の違いを一言で表すと、「内部対策」をしない場合にはサイト評価が減点されるのに対して、「外部施策」「コンテンツSEO」はやらなくてもマイナスになることはありません。そのため、「内部対策」はサイト運営をする際に最低限おこなうべき基本の施策と言えます。

「外部施策」と「コンテンツSEO」をやらなくてもマイナスにはならないと説明しましたが、それぞれの施策をおこなわずにサイト運営をしても検索順位を上げることは難しいでしょう。SEO対策は、それぞれの施策を自社のコンテンツに合わせた適切な方法で進めていく必要があります。

SEO対策の方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

どうして内部対策をするのか

上記で「内部対策」はクローラーに巡回・認識しやすくさせるためにおこなう施策であると説明しました。これを聞いてもあまり重要度を理解できないと思いますが、Googleの検索順位が決まる仕組みを理解すると「内部対策」も重要であると理解できます。

Googleは検索順位を決定する際に、まずは「クローラー」と呼ばれるロボットでサイト情報を集めます。その際に集めたサイト情報を登録する仕組みを「インデックス」と言います。

そして、インデックスされたサイト情報をGoogleのアルゴリズムで分析・評価して、ランキング形式でユーザーにサイトを表示しています。

「内部対策」を疎かにするとクローラーが巡回してくれずに、サイトを認識してくれなくなります。そうすると、インデックスされずにGoogleはサイトを評価できなくなり、そもそもサイトが検索結果に表示されないこともあります。

そのため、競合記事とランキング形式で検索順位を争うSEOで成果を出そうと考えているのなら、勝負の土俵に立つための最低限の準備が「内部対策」とも言えます。

SEO内部対策のやり方

SEO内部対策のやり方
  • クローラーが巡回する頻度を上げる施策
  • 検索エンジンがインデックスされた情報を読み取りやすくするための施策
  • ユーザーがサイトを見やすようにするユーザビリティ対策

SEO内部対策の手法は、上記の3つの方法に分類されます。それぞれの施策のどれかを疎かにすることなく、全ての施策をおこなうことが重要になります。

そのため、以下ではSEO内部対策の3つの施策を詳しく解説していきます。

クローラーが巡回する頻度を増やす施策

クローラーが巡回する頻度を増やすには、以下の施策をおこなう必要があります。

  • クローラーをサイトに呼ぶための施策
  • クローラーがサイト内を巡回しやすくなる施策

クローラーが巡回する頻度を増やせれば、新規で記事を作成した際に早く検索結果に表示されたり、順位が付きやすくなるため、以下で説明する施策はとても重要になります。

クローラーをサイトに呼ぶための施策

クローラーをサイトに呼ぶために必要なことは、クローラーがサイトに訪れる経路を知ると分かります。クローラーがサイトに訪れる経路は以下の2つになります。

  • サイト運営者がGoogleに送信したサイトマップから訪れる
  • 過去にインデックスされた記事の中にあるリンクから訪れる

上記の2つから、クローラーをサイトに呼ぶために必要なことは理解できたと思います。次は、このことを踏まえてクローラーをサイトに呼ぶ具体的な方法を知り、実践していく必要があります。

そのため、以下ではクローラーをサイトに呼ぶ具体的な方法を解説していきます。

XMLサイトマップを送信する

XMLサイトマップとは、サイト内の構造・コンテンツ(画像や動画も)をクローラーに早く・的確に認識してもらうためのファイルのことです。クローラーが一つ一つのページを認識しようとすると時間がかかってしまいます。そのため、サイト構造をファイルにしたXMLサイトマップを送ることで、クローラーが認識することを助けます。

XMLサイトマップを送信する行為はSEO対策において効果があるとされていますが、以下のようなサイトである場合には、特に高い効果を期待できます。

  • サイト内で内部リンクされていない
  • 外部から受ける被リンクの数が少ない
  • サイト内で多くの画像や動画を使用している
  • ページ数が500ページを超えている

また、作成したXMLサイトマップはGoogle Search Consoleのダッシュボードの中にある「サイトマップ」の項目からサイトマップのURLを送信できます。

既存の記事から内部リンクする

内部リンクとは、自社のコンテンツのページ同士を繋げるリンクのことです。内部リンクを最適化するとクローラーがそれぞれのページを認識しやすくなり、関連性の高いページが繋がってコンテンツ全体の評価が上昇します。

既存の記事から内部リンクする際には、闇雲に内部リンクをするのではなく、関連性の高いページにリンクを設置しましょう。関連性のないページに内部リンクしてもユーザーはそのページからすぐに離脱してしまうため、SEOの観点でも悪い評価を受けてしまいます。

さらに、リンクを設置する際にはURLだけを載せるのではなく、リンクの先にあるページのタイトルをアンカーテキストで記載してください。リンク先のページがどんなページであるかが分からないことはユーザーにとって不便であり、SEOでも悪い評価を受ける原因です。

クローラーがサイト内を巡回しやすくなる施策

クローラーが自社のコンテンツのどれかのページに訪れると、そこに記載されている内部リンクからほかのページも巡回するようになります。そのため、頻繁にクローラーが訪れてくれているサイトであれば、尚更取り組んだ方が良い施策です。

クローラーがサイト内を巡回しやすくなる施策は5つの方法があるため、以下で解説していきます。

サイト構造を整える
望ましいサイト構造

まずは、上記の画像のようにサイト構造を3階層にするのが理想です。トップページから派生するサイト内の全てのページにユーザーが2クリック以内で辿り着けるようにするのが理想です。そうするとクローラーもサイト内のページを隈なく巡回しやすくなります。

パンくずリストを設定する

パンくずリストを設定するメリットは「ユーザーが自身の見ているページの場所が分かる」「クローラーがサイト内を巡回しやすくなる」この2つです。

パンくずリストはサイトの上部に設定されることが多く、ユーザーがサイト内のどのページを見ているかを確認する際に役立ちます。さらに、クローラーが巡回する場合でもサイトの構造を認識する際にも役立ちます。

ユーザー・クローラーの双方にとって良い効果があるため、サイト運営をする際には導入しておきましょう。

URLの正規化

URLの正規化とは、複数存在するURLを1つに統一することです。サイトによっては、複数のURLから同じページに遷移できる場合もあります。しかし、そのような場合にはGoogleがページに対してする評価が分散しまったり、重複コンテンツとされてしまうこともあります。

単一のページに複数のURLでアクセスできる場合や、異なるページのコンテンツが類似している場合、Googleはそのようなページを同じページの重複版と見なします。Googleは、こうしたURLのうちの1つを「正規」版として選択してクロールします。

Google検索セントラル:重複したURLを統合する

URLを正規化する方法については「Google検索セントラル」で詳しく説明されているので、確認してみてください。

内部リンクの最適化

クローラーが巡回しやすくなることやユーザーが利用しやすいサイトにするためにも、内部リンクは最適化する必要があります。例えば、内部リンクで使用するアンカーテキストではリンク先のページの内容が簡潔に伝わるようにしなければいけません。「こちら確認できます」「この記事はこちら」などのようなアンカーテキストにするのは避けましょう。

また、URLを直接貼り付けることも避けましょう。ユーザーからすると直接貼り付けてあるリンクはどこに飛ばされるのか分からずクリックしづらいです。さらに、クローラーもリンク先のページがどんなページなのかを認識しづらいです。

内部リンクはクローラーを呼び込むためにも効果的ですが、闇雲に内部リンクするとサイト構造を崩してしまいます。そのため、ユーザーが利用しづらいコンテンツにするのは避けましょう。

クロールの必要ないページはrobots.txtで指定する

Googleにインデックスされたくない、またはされる必要のないページは、クロールされないようにrobots.txtで指定しましょう。

主に、クロールの必要がないとされるページは以下のようなページです。

  • 404ページ
  • サイト内検索のページ

検索エンジンがインデックスされた情報を読み取りやすくする方法

上記では、クローラーが巡回する頻度を増やすための施策について解説してきました。ここでは、検索エンジンがインデックスされた情報を読み取りやすくする方法を解説していきます。

この方法を理解して実行すると、それぞれのページが適切にインデックスされるようになります。そうするとそれぞれのページの評価をGoogleが適切におこなうことができます。

1ページでのキーワードを1つに絞る

ユーザーが検索すると想定されるキーワードをタイトルや見出しに含めてコンテンツを作成するのは基本です。その際には、1ページでのキーワードは1つに絞った方が良いです。

いくつものキーワードでコンテンツを作成すると記事全体のテーマがブレてしまいます。そうなるとユーザーの検索ニーズを満たすことのできない質の低いコンテンツになってしまうため、注意してください。

見出しタグを最適化する

「h1・h2・h3」などの見出しタグはユーザーがコンテンツを見やすいように設定するほか、検索エンジンがサイト評価をする際にも重要視されているため、見出しタグを最適化するのは大切です。

以下では、細かい見出しタグを最適化する方法を紹介していきます。

タイトルにh1タグを使用する

ページタイトルにはh1タグを使用するようにしましょう。ページタイトルにh1タグを使用すると検索エンジンもh1タグに載せられているテキストがページタイトルであると認識しやすく、適切な評価を受けられるようになります。

もし、ページタイトルにh2タグなどを使用している場合には、SEOにおいて損をしているため修正しましょう。

h2タグやh3タグも使用して見やすいページ構造にする

記事の中では、h2タグやh3タグを使用して見やすいページ構造にする必要があります。h2タグやh3タグを意識的に使用すると、ユーザーも検索エンジンも記事を見やすくなると認識しておいてください。

また、h1タグの次にはh2タグ、h2タグの次にはh3タグというように、見出しタグの番号がバラバラにならないようにしましょう。

画像を利用する際には注意する

画像を利用することはユーザーに視覚情報を与えることやSEOにおいても効果があります。画像を利用する際には、「画像のファイル名を設定する」「alt属性を設定する」この2つのことを実践することが大切です。

画像のファイル名を設定する

画像のファイル名は「image.jpg」「〇〇.png」などのような簡素なものではなく、それぞれの画像にファイル名を設定するようにしましょう。画像のファイル名は記事で言うタイトルのようなものです。

画像のファイル名をGoogleで画像検索される頻度の高いキーワードで設定すると画像検索時の上位に表示されることもあります。そのため、画像のファイル名の設定は重要です。

alt属性を設定する

ユーザーが画像を表示しない設定で、ページを閲覧している場合には画像に設定されたalt属性に記載されているテキストが表示されます。直接的にSEO効果があるとは、言えません。しかし、ユーザーの見やすさを求めるのであれば、設定する価値はあります。

ユーザーがサイトを見やすいようにするユーザビリティ対策

ユーザーがサイトを見やすいようにするのは「アクセス数の増加」「コンテンツの直帰率が下がる」「ユーザーの評価が上がればGoogleの評価も上がる」などのメリットがあります。

そのため、以下ではユーザーがサイトを見やすいようにするユーザビリティ対策を3つ紹介していきます。

ページの表示速度改善

ユーザーがページに辿り着くことができても、ページが表示される速度が遅いとストレスを感じてしまいます。そうすると、ページが表示される前に閉じてしまうこともあります。

「Googleで検索すると表示されるのが遅い」とユーザーに思われてしまうと、Googleを利用するユーザーの減少に繋がります。そのため、Googleは検索結果の上位に表示されるページはページの表示速度の早いページにしたいと考えています。

また、以下のような調査結果も出ています。

ユーザーの約50%が2秒以内にページが表示されることを期待し、読み込み速度が3秒以上かかると40%のユーザーが離脱する

The All-In-One SEO Tool:「How Loading Time Affects Your Bottom Line」

以上のことから、ユーザー目線でもSEOの観点でも、ページ速度を改善することは必要だと分かります。

カスタム404ページの作成

404ページとはユーザーがそのページにアクセスした際に、何らかの理由でページを表示できない場合に表示されるページのことです。標準の404ページは「Not Found」などの簡素なページであることが多く、実際に見たことのある方もいるのではないでしょうか?

この404ページが表示されたときに、ユーザーを目的のページに誘導するためのページが「カスタム404ページ」です。例えば、「あなたがアクセスしようとしたページは削除されたURLが変更されています。」のようなテキストが表示されるようにします。

ただ、「Not Found」と表示されるとユーザーはその画面をすぐに閉じてしまうかもしれません。しかし、上記のように表示される画面をカスタムすると、ユーザーが求めていたページに辿り付けるようにしています。

コアウェブバイタル

2021年の6月中旬からUX(ユーザー体験)と呼ばれる、ユーザーの使いやすさが検索順位に影響するようになりました。このことを「コアウェブバイトル」と言います。

コアウェブバイトルの指標となるUX指標は以下のの3つです。

  • LCP(一番大きなコンテンツが表示されるまでの時間)
  • FID(リンクを押してから反応するまでの時間)
  • CLS(画像や動画が後から読み込まれることによる、テキストのレイアウトずれの状態)

コアウェブバイトルはGoogle chromeの「web vitals」という拡張機能やGoogle Search Consoleでも確認できます。コアウェブバイトルの数値を改善しただけでは、検索結果の上位に表示されることはありません。しかし、ユーザー目線でサイトを見やすいものにするのはSEOでも効果があります。そのため、サイト運営者はこの指標を調べて問題があれば改善する必要があります。

また、コアウェブバイトルに関しては別の記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

まとめ

ここまで、「内部対策」が重要となる理由や実際のやり方も紹介してきました。この記事でも説明したように、SEO対策は「内部対策」だけではなく、「外部施策」「コンテンツSEO」と呼ばれる施策も同時におこなう必要があります。

しかし、自社のコンテンツのSEO対策をする際に「そんなにいろんな施策をしている余裕がない」「時間をそこまでない」と感じている方も多いです。そのような場合には、株式会社デジマケにSEO対策を依頼するのを検討してみてはいかがでしょうか?

株式会社デジマケは、さまざまなサイトの課題を改善してきたSEOのプロがあなたのサイトの課題を分析して施策を提案・実行することもできます。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事