【2022年5月】コアアップデートの詳細や対策方法などを紹介!

10 min
【2022年5月】コアアップデートの詳細や対策方法などを紹介

2022年の5月26日に最新のコアアップデートが実施されました。Googleのコアアップデートでは検索順位が大きく変動するため、コアアップデートが実施される際には情報収集をして、適切な対応をしていく必要があります。

コアアップデートが実施された直後は、インデックスされている記事の検索順位が大きく上昇したり、下落したりすることもあります。しかし、その順位変動後に、どのような施策を展開していくかが重要になります。

この記事では、最新のコアアップデートの詳細や対応策についても紹介しているので、参考にしてください。

そもそもコアアップデートとは?

そもそもコアアップデートとは、「コアアルゴリズムアップデート」のことです。Googleは検索順位を決める際に「検索アルゴリズム」を利用していますが、そのアルゴリズムの根幹となる部分を見直すアップデートをコアアルゴリズムアップデートと言います。

このコアアップデートは、1日で終わることは少なく、3~4日で更新が終わり、順位変動は2週間ほどで落ち着きます。そのため、コアアップデートが実際された際には、しばらく順位変動を見ながら情報収集に徹しましょう。

これまでにおこなわれたコアアップデート

Googleはこれまでに数多くのコアアップデートをおこなってきました。Googleはこのように、コアアップデートを何度もおこなって、ユーザーの利便性を向上させています。

有名なコアアップデートとしては「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」のような、大きなアップデートもあります。このようなアップデートによる、SEO対策の考え方はサイトを運用する際の基本になるため、一度は調べたことのある方も多いでしょう。

コアアップデートの告知はTwitterでおこなわれる

コアアップデートの告知は、Google公式のサイトではなく、Twitterでおこなわれます。

<翻訳>

本日、年に数回行うように、幅広いコアアップデートをリリースします。この更新は、2022年5月のコア更新と呼ばれます。もっと詳しく知る:

Twitter「Google Search Central

このように、Twitterでコアアップデートに関する告知がされるため、SEO担当者はこのアカウントをフォローして情報をチェックしておくと良いでしょう。

Google検索セントラルでも、コアアップデートについての情報やほかのGoogle検索についての情報も公開されているため、ぜひチェックしておきましょう。

【2022年5月】コアアップデートの詳細

最新のコアアップデートは2022年の5月26日におこなわれました。

今回のアップデートでは、健康と医学に関する「YMYL」のジャンルでの順位変動が大きかったようです。ほかにも美容やファッションに関するキーワードでの順位変動があったようなので、影響を受けている方や企業も多いでしょう。

6月1日現在では、順位変動が落ち着いているとは考えにくく、通常ではアップデート実施後から2週間程度は順位が動きやすいため、しばらく様子を見る必要があります。

もし、アップデート直後に順位を大きく落としてしまっていても、前の順位に戻っていることもあるため、アップデート直後の順位で一喜一憂することなく、情報を集めていきましょう。

また、以下のサイトの情報から、今回のコアアップデートによる順位の変動幅を確認できるように、順位が大きく変動しています。

namaz-5月25日~6月7日の順位変動幅

※画像は「namaz.jp」の5月25日から6月7日までの変動幅を引用しています。

過去におこなわれたコアアップデートの詳細

先述したように、Googleはサービスを開始してから何度もコアアップデートをおこなってきました。その中でも、注目度の高いコアアップデートは2011年の「パンダアップデート」と2012年の「ペンギンアップデート」でしょう。

パンダアップデートでは、低品質なサイトの評価が下がり、高品質なサイトの評価は上がりました。低品質なサイトばかりがユーザーに表示されてしまうと、ユーザー数が減ってしまうため、アップデートがおこなわれました。

ペンギンアップデートは、それまで被リンクの数が多ければ信頼度の高いサイトとされていたのを、良質な被リンクを集めているサイトの評価を上げるようにおこなわれました。

パンダアップデートとペンギンアップデートは別の記事で、詳しく紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

以下では、直近でおこなわれたコアアップデートである、2021年の11月と6月のアップデートの詳細を紹介していきます。

2021年11月18日~2021年12月1日

<翻訳>

本日遅くに、年に数回行うように、幅広いコアアップデートをリリースします。これは、2021年11月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。

<追加ツイートより>

2021年11月のコアアップデートが現在公開されています。これらのアップデートで一般的であるように、完全にロールアウトするのに通常約1〜2週間かかります。

Twitter「Google Search Central

2021年の11月のコアアップデートでも、告知は上記のようにTwitterでおこなわれました。

このコアアップデートでは、YMYLジャンルのサイトで大きく順位変動が起きました。また、企業ドメインでの順位が下がり、個人ブログなどのサイトの順位が上昇傾向にあったと言われています。

これまでのドメインベースでサイトの信頼性を判断していたことに対するアップデートではないか?という意見を述べる方もいました。

2021年6月3日~2021年7月13日

<翻訳>

本日遅くに、年に数回行うように、幅広いコアアップデートをリリースします。これは、2021年6月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。

Twitter「Google SearchLiason

2021年の6月のコアアップデートでは、従来の実施の告知と同時に、7月にもコアアップデートをおこなうことが告知されました。

6月と7月の2回に分けて、アップデートがおこなわれたため、6月の段階で順位が上昇しても7月のアップデートで下がってしまう可能性もあり、2回目のアップデートが完了するまで状況を見続ける必要がありました。

コアアップデートを2回に分けることは、この時が初めてであったため、困惑した方も多かったでしょう。

2021年6月と7月のアップデートでは、「コンテンツの質」が重視されるようになったと言われています。ユーザーの検索意図を満たすようなサイトでの順位上昇が見られたようです。ドメインパワーのみで評価され、コンテンツの質を疎かにしていたサイトの順位が下がったとの見方もできます。

同年11月のコアアップデートと同様に、「質の高いコンテンツ」が評価されやすくなったとも言えます。質の低いコンテンツが検索結果の上位に表示されると、ユーザー離れが起きてしまうため、Googleは質の高いコンテンツを上位に表示させようと考えているはずです。

そのため、根本的に「質の高いコンテンツ作り」を心がけることが重要でしょう。

今回のコアアップデートによる変化

今回のコアアップデートによる変化

2022年の5月におこなわれた今回のアップデートでは、どのような変化や順位変動があったのでしょうか。以下では、今回のアップデートによる変化を紹介していきます。

しかし、この記事作成時の6月1日時点では、順位変動が落ち着いていないこともあるのは理解しておきましょう。

変動のあったキーワード

コアアップデートの告知がされたのは、5月26日です。その翌日のTwitterでは、大きな変動のあったキーワードを公開している方がいました。変動のあったキーワードは、以下のようなキーワードです。

  • YMYL系
  • IT系
  • キャリア系
  • 食品系

YMYL系のキーワードは、ほかのコアアップデートでも大きく順位変動が起きていました。ユーザーの健康に関わる重要なジャンルであるため、Googleも重要視しているのでしょう。

さまざまな見解がある

今回のコアアップデートには、さまざまな見解があるという意見もありました。

Googleのコアアップデートでは、実施されることが告知されます。しかし、その内容や細かい順位変動については、発表されません。そのため、自分で情報を集めていく必要があります。

コアアップデートによって、どのような順位変動があったのかを見て、特色があればどのようなアップデートであったのか理解しやすいです。しかし、ジャンルやキーワード、見方によっても捉え方は変わります。

まずは、自社のサイトのキーワードでどのような変化があったのかを確認して、動向を探っていきましょう。

サブディレクトリ貸しサイトに対する見解

サブディレクトリ貸しサイトとは、大手メディアや著名企業が公式サイトの一部分をアフィリエイトサイトとして貸し出すことです。

このサブディレクトリ貸しサイトについても、順位変動があったとの声があります。

現状では、大きな下落が起きている訳ではないが、注意が必要との見方でしょう。サブディレクトリ貸しサイトについては、2019年の8月にGoogleが見解を示しているので、参考にしてみてください。

<翻訳>

サードパーティが別のドメインのサブドメインまたはサブフォルダでコンテンツをホストできるかどうかを尋ねられました。それは私たちのガイドラインに違反していません。しかし、慣行が成長するにつれて、そのようなコンテンツがメインサイトから独立していることをよりよく理解し、それに応じて処理するように、システムが改善されています。

<追加ツイートより>

全体として、厳密な監督やプライマリサイトの関与なしに、コンテンツがメインサイトの一部であるかのように表示されるサブドメインまたはサブフォルダを他の人に使用させないことをお勧めします。

Twitter「Google Search Central」  

要約すると、一部のサブディレクトリ貸しサイトが問題視されていることに対して、改善に取り組んでいるとの告知と受け取れます。

今回のコアアップデートの特徴

自分で情報収集をしていても、「結局今回のコアアップデートはどのような内容だったの?」と上手く整理できていない方も多いでしょう。

YouTubeの「SEO研究チャンネル」では、今回のコアアップデートの特徴や傾向に関する動画を公開しているので、そちらの内容を紹介していきます。しかし、動画の投稿された5月29日時点で、分かっていることだけということは理解しておきましょう。

ドメイン評価ベースの変更

今回のコアアップデートでは、ドメイン評価ベースでの順位付けが弱まっているとの見解を示されています。

信頼性や権威性があると見受けられるドメインでも、そのサイトにあるコンテンツのメンテナンスがされていなかったり、正当性が保たれていないサイトに関しては、順位を下げている傾向にあるようです。

逆に、発信元に権威性があり、コンテンツの質も保たれているサイトについては、順位を上げているようです。

サブディレクトリ貸しサイト

サブディレクトリ貸しサイトに関しては、全体的に順位を下げている傾向にあるようです。

すべてのサブディレクトリ貸しサイトの順位が下がっている訳ではないが、ネガティブな評価を受けている傾向にあります。

Googleがサブディレクトリ貸しサイトについて、どのような考えを持っているのかは定かではありませんが、サブディレクトリ貸しサイトを運用している方は注意した方が良いでしょう。

コンテンツの質自体に重きを置いた評価

直近2年間、Googleはドメインの評価に重きを置いていました。しかし、今回のコアアップデートで、コンテンツの質に重きを置いた評価をしているような傾向があるようです。

単純に、ドメインパワーが強いだけでは順位を上げることが難しく、下がっているサイトもあります。先述したように、ドメインパワーが強く、コンテンツの質も高いサイトは、良い評価を受けているため「本来あるべき評価基準になっている(=ユーザーの求める情報がある質の高いサイトが評価される)」との見解を示しています。

記事の更新頻度が高いサイトの順位が上昇

記事の更新頻度が高いサイトの順位が上昇していると、同チャンネルがTwitterでツイートしています。今回のコアアップデートで上昇したサイトは、膨大な記事を1~2ヵ月間の間隔でメンテナンスしているようです。

ユーザーの求める情報を発信するためには、定期的なリライトが必要になりますが、記事数が多くなると1つ1つの記事をリライトするだけでも苦労するはずです。このような泥臭い施策に取り組んだサイトが評価されるのは嬉しいことでもありますね。

アップデート直後は順位が変動する可能性がある

コアアップデートは、通常2日~4日で適用が完了し、順位変動が落ち着くまでには2週間程度かかることもあります。

そのため、アップデートが完了したからと言っても、順位が変動する可能性があります。コアアップデートの告知がされた初日に大きく順位を下げても、コアアップデートが終了する直前で、また元の順位の近くまで上昇することもあるようです。

コアアップデートによって、「順位が上がった下がった」と一喜一憂することなく、1~2週間は静観しておくと良いでしょう。その後に、然るべき対応策をしていくべきです。

今回のコアアップデートは6月9日に終了

<翻訳>

これで、2022年5月のコアアップデートのロールアウトが完了しました。

Twitter「Google Search Central

上記のように、GoogleはTwitterで今回のコアアップデートが終了したことを6月9日にツイートしました。

しかし、先述しているように、コアアップデートが終了した直後には検索への影響があることが多いため、しばらくの間は様子を見ていく必要があるでしょう。

今回の子アップデートによる変動をまとめている記事を紹介するので、それも参考にしてください。

コアアップデートにはどのような対策が必要なのか

コアアップデートにはどのような対策が必要になるのでしょうか。

ページに問題がなくても、コア アップデート後にパフォーマンスが低下することがあります。こうしたサイトは、ウェブマスター向けガイドラインに違反したわけでも、手動またはアルゴリズムによって違反に対する措置が取られたわけでもありません。実際のところ、コア アップデートには、特定のページやサイトを対象とした変更はありません。コア アップデートの変更は、コンテンツ全体に対する Google のシステムの評価方法を改善するために行われます。この変更により、過小評価されていたページのパフォーマンス向上も見込めるようになります。

Google 検索セントラル

Googleは公式で、「ユーザーの求める情報を提供する」というアドバイスを発表しています。そのため、コアアップデートにはユーザーの求める情報を提供することを意識したコンテンツ制作をする必要があります。

以下では、具体的に対策する方法を紹介していきます。

E-A-Tを高める

1つ目は「E-A-Tを高める」ことが重要になります。

E-A-Tを高めるためには、特に「専門性」が重要になります。特定のジャンルやトピックに関する専門知識を持つ専門家がコンテンツを作成すれば、そのコンテンツの専門性は高いと言えます。そのため、Googleもそのような専門性の高いコンテンツを評価しています。

また、E-A-Tを高めるには「権威性」「信頼性」を高めることも重要であるため、E-A-Tに関する記事も確認してみてください。

ユーザーエクスペリエンスを高める

ユーザーエクスペリエンスを高めることも重要です。ユーザーエクスペリエンスとは、「ユーザー体験」のことで、ユーザーが感じる使いやすさや感動といった意味です。

サイト運営をする際に、PCユーザー向けに最適化していることは多いです。しかし、スマホユーザー向けに最適化できていないサイトもあります。そのようなサイトでは、スマホユーザーが訪れた際に、ブラウザ内に画像やテキストが収まらずに「見づらい・使いづらい」という印象を与えます。

ほかにも、ページの読み込み速度を速くすることも、ユーザーエクスペリエンスを高めることに繋がります。

ユーザーの求める情報を提供する

ユーザーの求める情報を提供することが重要なことは理解できているでしょう。

ユーザーの求める情報を提供するには、競合となるサイトや記事のコンテンツを見て、ユーザーがどのような情報を求めているのかを考慮しながらコンテンツを作成する必要があります。

ユーザーの求める情報を提供できていれば、ユーザーの満足度も高くなり、Googleからも良い評価を受けやすくなります。コアアップデートに対する対策としも有効であるため、サイト運営者にとっては注視したいポイントになります。

アップデート内容に応じた施策をおこなうことが大切

コアアップデート直後では、検索順位が下落したり上昇することもあるでしょう。そのような変化がある場合には、Googleが何かしらの意図を持ってアップデートをおこなっていることを意識して、それに応じた施策をおこなうことが大切になります。

アップデート後に順位が下落したまま放置しても、順位が改善することは少ないでしょう。どうして、順位が落ちたのかを「Googleがコンテンツの質に重きを置いている」「ドメインに重きを置いている」などと仮定して、施策を実行して改善していくことが重要です。

サイト運営で困っているのなら

2022年5月のコアアップデートについて、現在分かっていることは整理できたでしょう。

サイト運営をおこなっていくためには、定期的におこなわれるコアアップデートに対する対策や日々のアップデートに対する対策をして、検索流入を増やしていく必要があります。

しかし、本業として別の事業をおこなっている中小企業や個人では、SEO対策まで徹底しておこなうことが難しく、上手く成果を出せないと悩んでいる方も多いです。

そこでおすすめするのがSEOコンサルティングの活用です。

経験と実績豊富なSEOコンサルタントに依頼すれば、SEOの効果を最大限に引き出してくれます。

デジマケでは、100社以上にわたる法人サイトのSEO分析・改善を行った実績がありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

SEOコンサルティングの詳細をみる

関連記事