【サムネイル改善】YouTubeのクリック率を向上させる方法を解説!

6 min
【サムネイル改善】YouTubeのクリック率を向上させる方法を解説!

YouTubeへの動画投稿を始めて「サムネイルの作成方法」や「クリック率の高いサムネイルとは?」という疑問を持っている方もいるでしょう。

そのため、この記事では、クリック率を向上させるサムネイルの作成方法を詳しく解説していきます。

YouTubeで重要になる2つの指標とは?

YouTubeチャンネルを運営していく際には、重要になる2つの指標をご存知でしょうか?

YouTubeで重要になる2つの指標とは「インプレッション」と「クリック率」です。この2つの指標はYouTubeのチャンネルを運営していく上で重要な指標になるため、詳しく解説していきます。

インプレッション

インプレッションとは、自社の動画がユーザーに表示された回数のことを指します。これは、ユーザーが実際に動画やサムネイルをクリックした回数とは異なります。

自分がYouTubeを利用して動画を見る際に、自分の求めていた動画以外にも、さまざまな動画やサムネイルを目にしていませんか?たとえ、その動画をクリックしていなくても、ユーザーの目に入ればインプレッションの数が1増えたとカウントされていきます。

インプレッションがYouTubeチャンネルの運営で重要になる理由は、以下で説明するクリック率とあわせて分析して公開している動画の質が高いのかを判断する必要があるからです。

そもそも、どうやったらインプレッション数を増やすことができるのでしょうか。YouTubeにユーザーの求める情報を提供する質の高いコンテンツを公開していると認識させることです。

YouTubeでは「おすすめの動画」という項目やユーザーの検索結果に動画を載せていますよね。そして、そこに載っている動画はYouTubeがユーザーにおすすめできる質の高いコンテンツであると判断できます。

このような「おすすめの動画」や検索結果の上位に自社の動画を載せることができれば、インプレッション数を増やすことができます。インプレッション数が増えれば、その分ユーザーが目にする機会が増えるため、再生回数も増えます。

クリック率

インプレッションと同様に、YouTubeチャンネルの運営で重要になる指標がクリック率です。クリック率とは、ユーザーが自社の公開するコンテンツを目にしてから実際にクリックする割合のことを指します。

そのため、上記で説明したインプレッション数が増えても、ユーザーの興味を引くことのできないサムネイルなどにしているとクリック率が低い状態になり、再生回数もなかなか増えません。

インプレッション数を改善するためには、YouTubeにユーザーの求める情報を提供する質の高いコンテンツであると認識させる必要があるとお伝えしました。クリック率はYouTubeが「質の高いコンテンツであるか」を判断する際にも活用されています。

チャンネル登録者や再生回数が少なくても、クリック率が高ければユーザーが求めている情報がその動画にあると判断できるでしょう。そのため、YouTubeはそのようなクリック率の高い動画を「おすすめの動画」や検索結果の上位に表示したいと考えています。

勿論、クリック率のほかにも「平均視聴時間」のような指標でもYouTubeはコンテンツの質を判断していることは理解しておきましょう。

YouTubeの平均的なクリック率とは?

YouTubeの平均的なクリック率も気になるでしょう。YouTubeの平均的なクリック率は4%~5%であると言われています。しかし、クリック率はジャンルやチャンネルによっても上下するため、YouTube全体のクリック率を重視する必要はありません。

1つの指標として、平均的なクリック率は4%~5%だと認識しておきましょう。また、10%を超えているクリック率はとても高い水準にあることも認識しておいてください。

また、クリック率が高くても平均視聴時間が短い場合には、その動画でユーザーのニーズを満たしていない可能性があると考えてください。動画の時間が短いと、そもそもの視聴時間も短くなるため、必ずしもニーズを満たしてないということではありません。

クリック率にだけ注視するのではなく、動画の質を客観的に判断するための指標の1つとして利用しましょう。

どうしてクリック率が重要になるのか

YouTubeチャンネルを運営する際には、クリック率が重要になります。

YouTubeチャンネルを運営する際に、「おすすめの動画」に自社で公開する動画が載れば再生回数を大きく伸ばすことができるでしょう。しかし、そのためにはユーザーが動画を見てからクリックして、再生するというアクションまでをおこなう必要があります。

クリック率が低い場合には、ユーザーに表示される機会(インプレッション)が増えても、実際に再生するというアクションまで辿り着くことが少ないため、再生回数が上手く伸びていかないでしょう。たとえ、ユーザーに動画が表示されても再生されなければ意味がありません。

また、YouTubeが「おすすめの動画」や検索結果の上位に表示する動画を判断する際には、クリック率や平均視聴時間などの指標を利用しています。そのため、そもそも「おすすめの動画」に載るためにクリック率を少しでも高くする必要があるのです。

これらの理由から、YouTubeチャンネルを運営する際には、クリック率も重要になると理解できます。

さらに、動画を投稿してからすぐの場合には、チャンネル登録をしていたファンが中心的に動画を目にするためクリック率が高くなる傾向があります。しかし、時間経過と共にインプレッションが広がり、そのチャンネルのファンではないユーザーにも多く表示されるようになります。

そうすると、クリック率は下がっていきます。このことも理解しておきましょう。

クリック率を向上させるサムネイルの作成方法の極意

クリック率を向上させるサムネイルの作成方法の極意

ここまでの内容で、クリック率やクリック率が重要になる理由は理解できたでしょう。しかし、YouTubeチャンネルを運営する際には、クリック率を向上させるサムネイルの作成方法も理解して実践する必要があります。

そのため、以下ではクリック率を向上させるサムネイルの作成方法を詳しく解説していきます。

チャンネル全体のテーマを統一するようにサムネイルも作成する

クリック率を向上させるためには、チャンネル全体のテーマを統一するようにサムネイルを作成する必要があります。

ユーザー目線で考えると分かりやすいです。そのチャンネルで投稿している動画のテーマがサムネイルで伝わりづらいと何のテーマで投稿しているチャンネルなのか判断しづらいです。

そのため、サムネイルには統一感を持たせましょう。サムネイルに統一感を持たせる際には、そのチャンネルで扱っているテーマに即したサムネイルに統一しましょう。そうすると、ユーザーにこのチャンネル=このサムネイルという刷り込みをおこなえます。

サムネイルの刷り込みができると、以前からそのチャンネルを見ているユーザーがサムネイルを見てすぐにチャンネルのことを理解できるようになり、クリック率が高くなります。

また、サムネイルだけではなく、投稿する動画のテーマも統一すると良いでしょう。YouTubeのアルゴリズムは動画・チャンネルを評価する際に、動画単体ではなく、チャンネル全体で評価しています。そのため、1つのチャンネルでさまざまなテーマの動画を投稿していると、評価が分散してしまいます。

伸びている動画・チャンネルを参考にする

伸びている動画・チャンネルのサムネイルの特徴を、自社のチャンネルで盛り込むことも大切です。

伸びている動画・チャンネルはユーザーのニーズを満たしているコンテンツであると判断できます。そのため、その動画・チャンネルの特徴を上手く取り込めば、自社のチャンネルでもユーザーのニーズを満たすことができるでしょう。

しかし、ユーザーのニーズを満たすためとは言え、全くのパクリでは意味がありません。パクリ動画なら本家の動画を見たいとユーザーは考えます。さらに、YouTubeからの評価も落ちるでしょう。

そのため、ユーザーのニーズを満たすように、伸びている動画・チャンネルの特徴を取り込みつつ、自社にしかない独自性を見出すことが重要です。

サムネイルには目立つ色を使う

クリック率を向上させるためには、サムネイルで使用する色を目立つ色にすることも重要です。

YouTubeのデザインは「赤・白・黒」を多く使用しています。そのため、サムネイルにそれらの色を使用してしまうと、サムネイル以外の画面に埋もれてしまいます。

サムネイルをより目立たせてクリック率を向上させるためには、「青・オレンジ・黄・緑」を使用すると良いでしょう。

効果検証を繰り返す

クリック率の高いサムネイルを作成するには、効果検証を繰り返すことも重要です。

YouTubeのサムネイルやタイトル、動画の内容などには正解がありません。常に効果検証をしていき、改善することが大切です。常に改善していくことで、動画やサムネイルの質が向上していく効果もあります。

しかし、ユーザーのニーズが変わり続けることも理解しておきましょう。服の流行と同じように、YouTubeにも流行があります。そのため、一時期はクリック率の高かったサムネイルや動画でも、クリック率が下がることも多いです。

常にユーザーのニーズと、自社のコンテンツを分析して、効果を検証していく必要があります。そうしないと、気づいた時にはクリック率が下がり、YouTubeからの評価も下がり、チャンネルが伸びづらくなってしまいます。

クリック率を向上させるだけが正解ではない

上記では、クリック率を向上させるサムネイルの作成方法を紹介してきました。しかし、クリック率を向上させるだけが正しいとは限りません。

クリック率を向上させることだけを考えると、ユーザーを煽るようなタイトルやサムネイルにしてクリック率を爆発的に高くすることも可能です。しかし、そうすると、ユーザーのニーズを満たすことができない「詐欺動画・釣り動画」と言われる低品質な動画になってしまいます。

低品質な動画になってしまうと、クリック率が高かったとしても、動画をすぐに離脱してしまい、平均視聴時間も短くなるでしょう。そうすると、YouTubeからの評価を上げることは難しいです。

平均視聴時間を改善するためには、動画自体に興味を持ってもらうような内容をサムネイルに組み込むと良いです。これと、上記でも説明したクリック率を向上させるサムネイルの作成方法を上手く盛り込んでサムネイルを作成することが重要です。

YouTube運営は外注している企業も多い

YouTubeチャンネルを運営する際には、この記事で説明したサムネイルに関することのほかにも、動画のクオリティやタグの設定の仕方などのさまざまな工夫をする必要があります。

そうしないと、再生回数や登録者数を伸ばすことは難しいです。また、動画を投稿してユーザーを商品の購入に繋げたり、認知を広げることも難しくなるでしょう。

そのため、動画の制作から運営までを外注している企業も多いです。YouTubeチャンネルの運営ができる知識や経験を持った人材が自社で用意できない場合には外注するのを検討しても良いでしょう。また、外注するとYouTubeチャンネルの運営にかける時間的リソースも削減できるメリットもあります。

もし、外注するのを検討している場合は、デジマケに依頼してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事を読んで、クリック率を向上させるサムネイルの作成方法を理解できたでしょう。しかし、重要なのはサムネイルだけではなく、動画のクオリティやタイトルなどのほかの要素も常に改善していくことです。

記事の中で説明したように、ユーザーのニーズには流行もあります。そのため、常に効果検証をしてユーザーのニーズを満たせているかを考えることが重要です。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事